>  >  > エレファントマン化する奇病「プロテウス症候群」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 現在、地球上には約73億もの人間が生活しているといわれているが、全員が健康に暮らしているわけではない。人類はさまざまな病に悩まされ、そのたびに原因と治療法を模索してきた。しかし、これだけ医学が進歩してもいまだ奇病に苦しむ人たちは少なくない。今回は3月24日付の「Daily Mail」で報じられた、世界にたった数百しか症例のない病に冒された少女をご紹介したい。


■変わってゆく体! 支えがなくては暮らして行けない…

 オーストラリアの北東部に位置するバンダバーグ在住のトリ・パンチさん(13歳)は、頭部や足が不自然なまでに長く、自力では歩けないため車椅子に頼って生活している。額から上の部分が異様なまでに肥大し、足は不自然な角度に曲がっているのだ。

elephantmancondition1.JPG
あどけない印象のトリさん。頭部の肥大が痛々しい 「Daily Mail」の記事より

 トリさんを幼い頃から苦しめている病は、1980年に公開され話題となった「エレファントマン」の主人公、ジョセフ・メリックが患っていたとされる「プロテウス症候群」だ。

 トリさんは生後18カ月頃に自力で立ち上がることができなくなり、7歳時には精神遅滞も見られるようになった。母親のウェンディさんは、トリさんの病状が悪化しはじめると同時に仕事を辞め、娘の世話をはじめた。現在は腕にもその症状が出はじめ、従来の車椅子を自分で動かすことができなくなったと同時に、足の裏には腫瘍が増殖しているために靴も履けなくなってしまった。ウェンディさんはそんなトリさんにつきっきりで世話を続けている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。