>  >  > 医療解剖後の遺体を縫合する葬儀屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

北原大悟

,

医療解剖

,

死体

,

,

葬儀屋

,

解剖

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1604_mortician_01.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 640 of "The breast: its anomalies, its diseases, and their treatment" (1917) (from Flickr, CC BY 2.0)

 人の死と日々向き合うことが求められ、その精神的な辛さから辞職する人が後を絶たないという職業・葬儀屋。今月7日に動画共有サイト「LiveLeak」に公開された動画は、医療解剖された遺体を葬儀屋が縫合する姿を鮮明に映し出している。

・ ステンレス製の解剖台には、やけに痩せ細り、腹部が割かれた死体の姿
・ 腹部からは、血液はもちろんのこと、太いミミズのようにウネウネとした大腸が飛び出している

 画面越しでもあまりに壮絶な光景だが、葬儀屋は動揺を微塵も見せない。普段から仕事の一環として行っている作業なのか、はたまた初めから感情が乏しいのか、慣れた手つきで遺体の腹部を縫合していく。

 動画は2分21秒にわたって、葬儀屋と、遺体を映し出している。海外では、実習として人体の研究および教育を目的とした遺体の医療解剖が広く行われている。

 対して日本はというと、現行法では、死体解剖保存法において医学の教育、研究を目的とした解剖は、所定の要件を満たせば実施できるとされているが、外科手術手技などの教育、研究は死体解剖保存法における「解剖」の枠内かどうか明確な基準がなく、実施に至らないケースがほとんどだ。そのため、医者を志す若き医学生などは、切れ目を入れたマットを人体に見立てて縫合したり、豚の皮を利用して縫合実習を行うなど、人体を使った手術練習はほとんど行われないとされる。

 きれいに整備された病院、世界に誇る最先端医療器具、高齢社会が問題視されるほど長寿の国になった日本。医療に関して完璧とさえ思えるこの国も、「解剖」教育という観点からは、他国に圧倒的な差をつけられているようだ。

 今回公開された動画は、一般人からすると無残で目をそらしたくなるものだが、医療の発展を考えると、非常に効果的な「起爆剤」となるかもしれない。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年4月14日 23:22 | 返信

日本でも剖検は普通に行われていますし、
日本の剖検は、1つずつ臓器を丁寧取り出し、重量を量るなど、もーっと丁寧ですが??
最後も医者が丁寧に縫います。

この記者、事実も知らずにクソだわWW

2:匿名2016年4月14日 10:08 | 返信

日本も多いらしいよ。
死因の特定のために解剖して、「後はやっといて」っての。
他にも事故や水死のご遺体を綺麗にして、遺族の元へ行くんだけど、そうすると今度は遺族から「そんなに高いの!?詐欺みたいな仕事ね。」って嫌味言われて、辞めたって話聞いた。

1:匿名2016年4月13日 09:51 | 返信

解剖しっぱなしの状態で葬儀屋に引き渡すんだ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?