>  >  > 未解明の奇怪な「集団失踪事件」5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
bizarremassvanishings6.jpg
Mysterious Universe」の記事より

 警察庁の発表によれば、平成25年の日本での失踪者は約8万4000人。数字だけをみてみると、失踪という事件はそれほど珍しいものではないのかもしれないという気にもなってくる。しかし、その失踪事件が一人ではなく、何人、何十人、それ以上の集団で失踪するとなると、話は変わってくる。原因や理由もなく、人間は消えてなくなりはしないものである。しかし記録をたどっていくと、歴史上には数々の集団失踪事件が残されている。中には奇怪そのものとしかいいようがない、原因も理由も方法も謎のままの事件もある。ここで、いくつかの奇怪な集団失踪事件を見てみよう。


■村人全員が消失したイヌイットの村

 20世紀に入ってからの集団失踪として知られているカナダ北部のイヌイット居住区での事件である。1930年の11月のことである。吹雪に襲われた毛皮のトレーダーのジョー・ラベルはカナダ北部のアンジクニ湖近くにあるイヌイットの村へ避難のために立ち寄った。

bizarremassvanishings1.JPG
Mysterious Universe」の記事より

 その村は、イヌイットの村としては比較的裕福で人口1200人~2500人ほどであったという。しかし、そこで彼が見つけたものは、人一人いない村だったのである。彼は、村中を探し回るが、見つけたものは餓死して凍結した7匹の犬だけだった。カヤックも残されており、湖を渡ったとも考えられない。村の家は荒らされた様子もなく、イヌイットにとっては命綱ともいえるライフル銃などもそのままにされていたとのこと。食料品なども残されており、料理が置かれたままのデーブルなどもあったという。

 すぐにカナダ王室騎馬警察隊(RCMP)へ報告され、その後の調査においても村人は一人も発見されることなく、奇怪なことに最近掘り起こされた可能性が高い墓が数個確認されただけであった。

コメント

3:匿名2016年4月22日 09:52 | 返信

支那とは戦争はしていない。あくまでも、事変(戦闘 )国民党(軍閥もしくは盗賊集団)世界で国として承認されていないので戦宣布告もできません。なので戦争ではありません。
現、支那凶惨党とは戦闘すらない。
いっぺんでなおしてくださいね。
嘘を吐きなさんな。

2:匿名2016年4月14日 16:23 | 返信

他の件はともかく、蒋介石の中国軍は部隊全体で逃亡しても、なんの不思議も無い山賊同然の集団でしたからねw

1:匿名2016年4月14日 15:22 | 返信

シナ人のやつは逃げ散っちゃっただけやろがw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。