>  >  > 芸能人が町内会費を払いたくないワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

個人情報保護

,

吉沢ひかる

,

小栗旬

0412oguri_01.jpg
※イメージ画像:『小栗旬責任編集「旬刊小栗」』(ワニブックス)

 以前報じられた小栗旬の町内会費納付拒否問題。かねてから住んでいた自宅マンションの近くに一戸建て住宅を建築し、そこを稽古場にしたことから問題が起こった。小栗としてはマンションがまとめて町内会費を払っていると認識しているため、近所に設けた稽古場まで町内会費を払う必要はないと考えているという。

 このニュースに関して、町内会費など払いたくないとの意見と町内会費は払うべきとの意見がぶつかったが、同時に「億万長者の売れっ子俳優が数千円や数万円をケチるな」との声もあった。しかし、小栗はお金を惜しんで町内会費の支払いを拒否したわけではないと関係者が教えてくれた。

「数千円や数万円の町内会費を払いたくないと思うほど、小栗はお金に困っているわけじゃありません。それぐらい余裕で払えますよ。彼が拒否したのはお金のことではなく、むしろ、お金を払って終わりなら、いくらでも払うというのが本音だと思います」(プロダクション関係者)

 お金の問題ではないとのことだが、それでは払いたくない理由は何なのか。

「ズバリ言えば、個人情報です。町内会費を払えば町内会の一員になるわけですが、ほとんどの町内会が会員名簿を作って各所に配布していました。最近は個人情報保護の動きもあって、以前のように名簿を全会員に配る町内会は減っていますが、それでもまだ配布している町内会も存在します。また、全会員には配らなくても、役員のみに配布しているケースも多いですし、これを小栗は嫌がっているみたいです」(同)

 そして、個人情報の中でも、あるものが名簿に載ることを嫌がっているという。

「名簿には氏名や住所が載りますが、すでに週刊誌などで自宅の写真も撮影されているので、コアなファンやマスコミは小栗宅の場所を知っています。そのため、これらの情報が漏れても、今となってはさして被害はないのですが、面倒なのは電話番号なんです。最近は自宅の固定電話を持たない人が大半で連絡先として携帯番号を記入する人が多く、小栗がそこに携帯番号を正直に書いて名簿経由で漏えいしたら、番号を変えざるを得ません。そのため、これを書きたくなく、拒否していると言われています」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。