>  >  > 実在した「顔面騎乗文化」=栃木県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

セックス

,

性癖

,

戸叶和男

,

栃木

,

顔面

【日本奇習紀行シリーズ】 栃木県北東部

0414ganmen_03.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 以前からご紹介しているように、世の中には実に特殊な性癖を持つ人々によって生み出されてきた、実にさまざまな「性」に関する奇習が存在している。今回ご紹介する風習もまた、そうした特殊な性癖に絡んだ奇習のひとつであると言えそうだ。


「一体、誰があんなことを始めたのかわかりゃしないんですけどね、そういうもんがね、とにかくあのあたりの集落にはあったんですよ」


 今回、我々の取材に対してそう語り始めたのは、栃木県の北東部に位置するある農村地帯に住む古老・新井喜平さん(仮名・89)さん。彼は自身が生まれ育った地域に存在していた、なんとも奇妙な風習が未だに鮮明に記憶として残っているという。


「どこの家でも、嫁さんが普通の交わりをしないというか……、裸で旦那の顔に跨るというのをひたすら繰り返すんですよ。何時間も」


 たしかに世の男女の中には、その性交時、定番となっている体位のほかにも、それこそ四十八手のすべてを試そうとする猛者も少なからず存在しているだろう。だが、新井さんの話によると、この地域における「顔面騎乗文化」とも言うべきそれは、そうした個々人の性癖や性衝動によるものとは一線を画している。あくまで「守るべき習慣」として、村人全体に定着しているものなのだという。

関連キーワード

コメント

8:匿名2016年5月29日 20:55 | 返信

これもひどい創作・妄想話!
全部ウソ妄想!

7:匿名2016年4月27日 04:30 | 返信

週に2、3例、誰も聞いたこともないような奇習を見つけてきて、しかもそのたびに頻繁に複数の人間(『我々』と表記)を地方に送れるなんて、戸叶さんの取材力とTOCANA編集部の予算は凄いなあ〜(棒読み)

6:匿名2016年4月21日 00:39 | 返信

この人の記事いくつかみたけど
創作の記事ばかりだよね
こいつ奇習の記事ばかりだもん
日本にこんなにまで沢山奇習あったか?

5:匿名2016年4月19日 01:31 | 返信

その栃木県民♀が通りますよww一体どこの国の話をしてるのかさっぱり分からんですよ。それかそういうお店とか?地元民ですら聞いたことないよ。トカナって妄想しか書かないの?

4:匿名2016年4月18日 20:42 | 返信

また捏造か。

3:匿名@cW9AoiDbGQw2FxL2016年4月18日 17:21 | 返信

シナノ町のハラタK.タニガワFk.さとうヒロシはソープ通いFk

2:匿名2016年4月18日 00:57 | 返信

まーた、記者の願望妄想記事かよ。

1:開花神道2016年4月17日 18:44 | 返信

大真面目に考えると、女性の性感開発と負担軽減に男性の性衝動の増進が目的なのかな?
子供作るだけの交わりを強いるより、楽しむ為の交わりを奨励するのは頭良いかも。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?