>  > 謎の組織「皐月賞で150万円ゲットする方法がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

万馬券

,

皐月賞

,

競馬

,

騎手

■桜花賞はまさかの波乱に…

415tokana_1.jpg
皐月賞勝利ジョッキー大西直宏氏が監修

 先日行われた第76回桜花賞は、多くの競馬ファン、そしてマスコミの見る眼のなさをあざ笑うかのような結末だった。単勝1.5倍の断然人気に支持され、多くのマスコミや競馬記者、スポーツ紙が「確勝」と本命に予想したメジャーエンブレムが4着に敗退したのである。

 誰もが勝利を信じたメジャーエンブレムの敗退に、あらためて競馬の難しさを感じた方も少なくないだろう。そして多くの競馬ファンが期待した馬券も、そのほとんどが紙くずへと変わってしまったのである。


■第76回皐月賞を的中させて150万円をゲットする方法

 今週は桜花賞以上に豪華メンバーが揃い、難解なレースとなった第76回皐月賞が行われる。ディープインパクト産駒で3戦3勝のサトノダイヤモンドとマカヒキを筆頭に、昨年の最優秀2歳牡馬リオンディーズ、武豊騎手騎乗のエアスピネル、衝撃の末脚を持つロードクエスト、前哨戦を勝利したアドマイヤダイオウ、ディーマジェスティなど五指に余る実績馬がたったひとつの勝利を目指すのである。

415tokana_2.jpg
ディープインパクト産駒の有力馬マカヒキ

「桜花賞を外して後がない。何とか皐月賞を的中させたい」

「皐月賞は難しすぎて自信がない」

 そんな悩みを抱えている競馬ファンにオススメなのが、桜花賞で勝ち馬ジュエラーを本命に万馬券を的中させた競馬情報サイトの「WORLD競馬WEB」。今年で16周年を迎えている「WORLD競馬WEB」は様々な競馬情報を提供している知る人ぞ知る競馬サイトの老舗だ。先週の桜花賞では多くのマスコミがメジャーエンブレムを本命に指定する中、3番人気ジュエラーを本命に指定し、見事三連単2万330円の万馬券を的中させているのだ。

 さらにこの桜花賞だけでなく、今年はフェブラリーステークス、高松宮記念といったすべてのG1レースを的中させているから驚きだ。そして昨年の皐月賞ではなんと150万円を超える払戻金を手にしているというのだから声も出ない。とにかく皐月賞を的中させたいと考えている競馬ファンにとって、最後の希望といえる存在なのである。

 いよいよ週末に迫った皐月賞、桜花賞と同じ過ちを犯さぬためにも、急遽時間を作っていただき「WORLD競馬WEB」に話を聞いてみた。


■桜花賞は必然の的中。もちろん皐月賞も…

――桜花賞は見事な的中でした。

「WORLD競馬WEB」担当者 桜花賞で本命に推したジュエラーには、デビュー時から「桜花賞はこの馬が獲る」という核心情報がありました。確かにメジャーエンブレムは強い馬ですが、状態も含めて穴があったのは事実。自信を持って提供し、万馬券的中という結果になりました。

――「WORLD競馬WEB」では多くの競馬関係者が存在しますね。

「WORLD競馬WEB」担当者 元JRA騎手である大西直宏氏は、サニーブライアンで皐月賞と日本ダービーの二冠を達成したのをはじめ、通算500勝以上をマーク。現在はターフ・メディア・クリエイターとして様々なメディアで活躍しながら、自らが手掛ける育成牧場『N.Oレーシングステーブル』の代表も務めています。「WORLD競馬WEB」でも、情報ストラテジスト(=馬券戦略を設計する立案者)として、競馬サークルの動きから、レース内容など様々な視点から情報を分析し、馬券戦略の情報指針役としても活躍していただいております。

 元JRA調教師の飯塚好次氏は、あの三冠キラーとして名を馳せたライスシャワーを手掛けた名伯楽。現在は「WORLD競馬WEB」の週末メルマガでお馴染みの美浦Aルート、その総責任者として関係者の表に出ない事情、本当の思惑、他とは違う、本物の情報競馬を知っていただくために活躍しており、今でもサークル内には関係者が非常に多くいます。このクラスになると、色々嗅ぎまわらなくても情報は必然的に入ってきており、表に出せない裏話やマル秘ネタには事欠きません。「WORLD競馬WEB」の顔ともいうべき、代表する看板情報筋。サークル内や情報筋の間では、親しみを込めて“御大(おんたい)”と呼ぶ者も多いですね。

 他にも、情報を入手する都合上、名前を明かすことはできませんが元騎手や元調教師も在籍し、また馬主関係、エージェント関係、牧場関係、騎手、調教師、厩務員、調教助手など、それぞれの関係者と独自の繋がりを持つ人物が多数存在します。

――過去の皐月賞的中実績はいかがですか?

「WORLD競馬WEB」担当者 サトノクラウンが1番人気だった昨年の皐月賞、しかし「負けていないことと弥生賞を勝ったことで人気は譲っているが、将来的な期待度で言えばサトノクラウンよりも断然上、近しい者の間では1番人気はこの馬の方だ!」と、ドゥラメンテを上位評価し、リアルスティールとの組み合わせで馬連1点目790円、三連複3110円、三連単1万2360円的中をお届けしたのをはじめ、2014年はトゥザワールドから、2013年はエピファネイアから的中馬券をお届けしています。やはり、大西直宏氏が現役時に自らで勝ったレース、高確率で的中馬券をお届けしております。

――皐月賞の前哨戦実績はいかがですか?

「WORLD競馬WEB」担当者 共同通信杯では、断然人気のハートレー、スマートオーディンではなく、情報的に最も狙える人気薄のイモータルを本命公開し、超人気薄だったディーマジェスティも拾い上げ馬連9650円&三連複1万20円の高配当的中をお届けしました。他にも、皐月賞に有力馬が多数出走するきさらぎ賞、弥生賞、若葉ステークス、毎日杯でも的中馬券をお届けしており、今年も3歳馬の力関係をシッカリと把握できていますね。

――最後に競馬ファンへ向けて

「WORLD競馬WEB」担当者 当社の情報ストラテジストである大西直宏氏は、昨年の皐月賞で馬連1点に20万円購入し、158万円の帯封(100万円の札束)払戻しを実現しました。

 今年も昨年に続き帯封払戻しを狙う『1点』を、初めて「WORLD競馬WEB」をご覧になる方に特別に無料でお伝えいたします。今年はどんな『1点』なのか、いくらを払い戻すのか、ぜひご注目ください!

――皐月賞が非常に楽しみです。ありがとうございました。


 競馬予想においてもっとも重視すべきは何か? そこはやはり「実績」だろう。「WORLD競馬WEB」は皐月賞を実際に勝利した実績を持つ大西直宏氏が監修するだけでなく、昨年の皐月賞で158万円の払戻を獲得した実績がある。さらに皐月賞に繋がる前哨戦を的中させた実績も加われば無敵と言わざるを得ない。

 その「WORLD競馬WEB」が提供する皐月賞の「1点馬券」は、何があっても知るべき。その予想に乗ったとしても1点なら100円でも1000円でもたかがしれたもの。それが数倍にも数十倍にもなる可能性を秘めているのだ。この皐月賞の無料情報、絶対に見逃してはならない!


WORLD競馬WEB

※本記事はPRです。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。