>  >  >  トレーラーに轢かれた人間、こぼれだす臓物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

トレーラー

,

事故

,

内臓

,

切断

,

北原大悟

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1604_rescue_01.jpg
画像は、State Records NSW / Railway Ambulance Corp competition, Frazer Park, Sydney (NSW) (from Flickr, CC BY 2.0)

 トレーラーによる死亡事故は悲惨で救いようのないものが多い。今年1月には東京でトレーラー同士の追突事故があり、50代の男性が数十メートル下の荒川に転落し、全身を強打し死亡した。また、今年2月にも埼玉県狭山市で自転車を運転していた男性が大型トレーラーにはねられ、体を強打して搬送先の病院で死亡が確認された。

 大きくて重量があるだけに、事故が発生すると被害が大きくなりがちなトレーラーの事故。そんなトレーラー事故により、むごたらしい姿になった男性の救助活動のようすを映した動画が「LiveLeak」にアップされた。


■トレーラーに切断された男性の体

 映像は、トレーラーの部品のような鉄板に切断された下半身のアップから始まる。地面には大量の血だまりができ、太ももから上にあるはずの上半身はほとんど失われている。しかし、ギリギリで上半身と繋がっており、真っ二つにはなっていないようだ。


■生きているとは思えない男性の上半身

 カメラの手前には、切断され、腹部から紐のような内臓と血をこぼす上半身が横たわっている。救助隊は下半身を移動させ、まるで冷凍マグロを動かすように上半身の下に添える。切断された男性は口に酸素を送るポンプを繋げられ、空気を送り込まれているようだ。救助隊は懸命に空気を送りながら、上半身と下半身を担架に載せた。


■バラバラになってしまった体

 上半身に下半身を添えるように担架に載せられた男性。腹部はペチャンコにへこみ、内臓がほとんどこぼれ出てしまっている。実際、腸のような管が切断された腹部から長く伸び、下半身に巻きついている。救助隊はほかに為す術もない様子で、バラバラになった体と内臓を担架に乗せた後、ただ呼吸用パイプのようなものを口に差し込んだ。病院に搬送されても、恐らくこの男性は助からないだろう。

 男性がどういった経緯でトレーラーの事故に巻き込まれたのか詳細は判明していないが、トレーラーを目にする機会は頻繁にある。私たちは、ただ事故に巻き込まれないよう願うことしかできないのだ。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年4月 7日 08:21 | 返信

車外放出だなんて書いてないんだよなあ

1:匿名2016年5月30日 11:00 | 返信

荒川に落ちて死んだ運転手は追突による車外放出じゃなくて事故の衝撃で運転席から降りられなかったから助手席から降りようとした際に荒川に落ちたんだよ?トラックの座席やドアはところによっては欄干やガードレールより高いから、この人の場合は不幸な事故。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?