>  >  > 首つり自殺と自殺偽装の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

72537-2.jpg
首つり自殺と他殺死(絞死)では死体の特徴が異なる(shutterstock.com)

 2011年4月13日、愛媛県四国中央市のアパートで女性(26)の自殺死体が発見される。意識不明に陥った女性は、病院に搬送されたが、翌日に低酸素脳症で死亡した――。だが、3年後の2014年6月11日、愛媛県警は女性の父を傷害致死の疑いで緊急逮捕。取り調べで、女性は父に首を絞められた後、ロープで首つり自殺に偽装されていたことが判明した。

 この事件のように、自殺死体を司法解剖しなかった場合は自殺死になるが、その後の捜査で父の娘への暴行疑惑が発覚しため再捜査したところ、父の犯行が暴露された。

 首つり自殺か、自殺偽装の絞殺かは、なぜわかるのか? 首つり自殺(縊死)と絞め殺された他殺死(絞死)では、死体の特徴がまったく異なるからだ。

 首つり自殺(縊死)の場合は、首に自分の体重が一気にかかるため、椎骨動脈が圧迫されて頭部への血流が止まるので、顔面が蒼白になる。足が完全に地面から離れるオーソドックな定型縊死では、死後時間の経過とともに糞尿が出る、首が伸びる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。