>  > 匂いの視覚化「スメリーマップ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アナザー茂

,

スメリーマップ

,

匂い

,

嗅覚

 鰻屋は匂いで客をつるなんて言いますが、路地を曲がると思いがけず舌鼓を打ちたくなるような匂いに誘われてはっと辺りを見回すと美味しそうな飲食店があったなんて経験が一度はあるはず。最近、街の新しい捉え方として「スメリーマッブ」なる匂いの地図で街を見てみようという試みが行われた。匂いを視覚化するとどのようになるのであろうか。

■実際に英米7都市を嗅ぎ回る!

smellymap1.jpg
ゴミ箱の匂いを嗅ぎ分けるスコットランドからの参加者。画像は「The New York Times」より

 見知らぬ土地で行き交う人に道を聞いてパーフェクトな答えが返ってくることはそうそうない。ましてや道を教えた人がまた他の人に尋ねている光景を見た日には己の不甲斐なさを感じずにはいられない。そんな、今まで当たり前のように行われていた「言語による方向の説明」を完全に排除してしまおうというプロジェクトが現在進められているのだ。プロジェクトリーダーであるケイト・マクリーンは芸術家兼デザイナーで、情報エクスペリエンス・デザインの博士号を取得している。このプロジェクトは方向認識において今まで無視されてきた嗅覚に光を当てた新しい認識方法なのだ。

 我々はフレッシュなホットチョコレートと、フレッシュなホカホカの犬のうんちを嗅ぎ分けることはできる。人間の嗅覚は優れたもので、なんと1兆もの異なる種類の匂いを嗅ぎ分けることができるのだ。これに倣って道案内すると例えばこんな感じだ、「まっすぐ歩いて行って爽やかな松の香りがしたら左に折れて、ゴミの臭いがしたらそこで右に曲がってください」と。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。