>  > 皐月賞当日の「不可思議出来事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ギャンブルジャーナル

【ギャンブルの“本質”に切り込む ギャンブルジャーナルより】 17日の第76回皐月賞は、近年でもまれに見る盛り上がりとなった。「史上最強世代」といわれるメンバーを牽引した3強、その牙城を崩さんとする強豪が集い、最終的に「伏兵」扱いされていた8番人気ディーマジェスティが、あまりにも鮮やかなキレ脚で勝利。ファン大満足のレースだったといえるだろう(M.デムーロ騎乗のリオンディーズが降着したのは余計だったが)。

 この皐月賞に「競馬の神様」も興味深々で天から降りてきてしまったのか、皐月賞当日と前日の土日2日間で、通常ではなかなか見られない「出来事」が頻発した。

 まず、土曜福島の4歳上500万下。このレースは1番人気のセトアローが期待に応える力強いレースで勝利。まあレースに関して突っ込むところは何もないのだが、そのレース映像に一瞬映りこんだ「内容」が衝撃的なものだった。

 レースは競馬場の内側にあるダートコース。レース終了後、すぐにリプレイ再生がなされ、直線の映像でダートの外側にある「芝コース」が映ったのだが……。

その芝コースに、なんと幼稚園生くらいの「子ども」の姿が! 子どもは芝コースを横断し、スタンドめがけてトコトコと歩いていた。一瞬だが「あ、子どもがいる!」「あぶねえ」など気づいたファンはけっこう多かった様子。

 情報によれば、その子どもは来場者に開放されている「内馬場」から、ダートコース、芝コースと競馬場を完全に「横断」していったそう。どうやってコースに入り込んでいったのか。小さいので、隙間などを通り抜けたということだろう。なんの事故も起こらなかったからよかったものの、かなり危険である。こんな出来事は記憶にない。

 さらに、皐月賞当日にも不可思議な出来事が……。

 皐月賞当日の阪神8R・4歳上500万下でも思いもよらない出来事が。このレースは2番人気のアダムズアップルが4番手から力強く抜け出して勝利した。レース自体は特になんてことないものだったのだが、その「実況」で耳を疑うような“名前”が飛び出した。

 問題の実況がなされたのは、芝コースからダートコースに移動して間もなくのこと。各馬の隊列が落ち着き、先頭から一頭ずつ競走馬の名前と位置取りを実況していたのだが、勝利したアダムズアップルのいる4番手以下の馬の名前を叫ぶ際、それは起こった。

「3馬身ほど離れて4番手、13番アダムズアップルが続いて、内は3番ブライアンズタイム、8番ワンダーヴァローレ……」

 競馬ファンなら即理解できただろう。実況が放った「ブライアンズタイム」という馬名に、「え、どういうこと?」となった人は多いはずだ。ブライアンズタイムといえば、ナリタブライアンなど多くのG1ホースを輩出した歴史的種牡馬であり、2013年に安楽死の処置をとられている。それが、2016年の阪神競馬場でレースに出走している?

 このレースの3番は「ブライアンキング」であり、どうやら実況はこの馬の名前をブライアンズタイムと間違ってしまったようだ。確かに紛らわしい部分はあるが……。ちなみにブライアンキングは父方の祖父がブライアンズタイムである。一瞬天国から蘇ってレースに出走したのかと思ってしまった。見ていない方には、ぜひともJRAの公式動画で確認してほしい。

 なかなかない出来事が皐月賞開催周辺で起こった。単なる偶然なのだろうが、今年の盛り上がりの渦が引き起こしたと妙な想像もしてしまう。そのくらい熱い盛り上がりを見せていたのは間違いない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。