>  > オスプレイ運んだのは段ボール200個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:
osprey_160420.jpg
熊本地震の救援に投入されたオスプレイ(画像はYouTube「ANNnewsCH」より)


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 オスプレイ投入であからさまな「地震被害の政治利用」が明らかになった安倍政権。しかし、安倍応援団はオスプレイ投入に疑義をはさんだメディアに片っ端から攻撃を仕掛けている。

 朝日新聞、毎日新聞、そして、我々リテラに対しても同様だ。本サイトは19日夕方に配信した記事で、「すでに物資の輸送は、被災地近くの海上自衛隊の鹿屋基地(鹿児島県鹿屋市)から出動したヘリ部隊が16日時点行っている。この部隊が機能しているのに、オスプレイをわざわざ投入するのは不自然」「木更津の陸上自衛隊第1ヘリコプター団のCH-47を使えばいいのに、そちらに要請の動きもなかった。はっきりいって、昨日の作業なら、CH-47で十分対応できる」という防衛省中堅幹部のコメントを紹介した。

 すると、「陸上自衛隊の第1ヘリコプター団のHPに、16日、CH-47が被災地支援に向かったことが書かれている」として、記事をデマだと決めつけるツイートが殺到したのである。

 たしかに、木更津の第1ヘリコプター団は16日、4機を各基地から熊本周辺の駐屯地への隊員輸送と物資輸送に派遣しており、新たに取材したところ、18日にも熊本への輸送業務を行っていたこともわかった。

 しかし、だからなんだというのか。18日にオスプレイが行った空輸任務からCH-47が外されていたことには変わりはない。

 しかも、熊本大地震にこれまで木更津から投入されたCH-47は数機。多くは、今も待機状態にあるのも事実だ。

 また、CH-47が熊本に派遣されていたとすれば、オスプレイはますます必要がなかったということになるだろう。それこそ、オスプレイが行った物資輸送をそのまま熊本にいるCH-47にやらせることができたはずだからだ。

オスプレイが行った陸上自衛隊高遊原分屯地から南阿蘇村の白水運動公園への空輸はもちろん、CH-47でも十分可能だった。というか、オスプレイが行った任務は、CH-47すらも必要なかった。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年4月26日 16:37 | 返信

未だに意味不明のオスプレイ批判してんのな。開発段階での事故は航空機開発にはつきもので既にその段階は過ぎて、安定運用に入ってる。
ティルトローター機の航続距離と輸送力は、軍事だけでなく災害や救急医療など様々な分野で有用。もちろん既存航空機との使い分けは当然あるわけで。

その使い分けの細部をこのクソ記事は鬼の首を取ったように書いてるだけ。駄文。

3:匿名2016年4月24日 07:04 | 返信

なんでこんな災害時にもクソのような陰謀論を垂れ流せるのか?
本当に人間か?
何で物資が運ばれようがそれが何個であろうが、被災者の方々に関係あるのか?

2:匿名2016年4月20日 19:51 | 返信

そりゃ自衛隊のヘリは救助者の近くに止める必要があるから危険な場所でも止めるだろうさ

オスプレイはアメリカの機体でアメリカは今オスプレイがメインなんだよだからオスプレイが使われるだけの事だろ
自衛隊はオスプレイ持ってないからCH-47を使っているというだけ

まぁ佐賀空港に配備されると朝鮮半島や中国に無補給でいけるから配備してほしくないという中韓の思惑でもあるし
どっちがオスプレを政治利用しているかわかるな
魚拓も取っておくから安心していいぞ、消しても無駄やぞ

1:匿名2016年4月20日 17:35 | 返信

トカナさよなら

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。