>  > マイナンバー制度が「ヨハネの黙示録」に登場していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
61wbyxjbbdL.jpg
画像は、『神々の予定表 アジェンダ』(4月8日発売/トカナBOOKS)より

――聖書・ノストラダムス、E・ケイシー、出口王仁三朗…あらゆる究極予言から大胆なジャーナリズムで未来を読み解いたトカナBOOKS新刊書籍『神々の予定表(アジェンダ)』著者・山田高明が緊急寄稿!

 新約聖書の最後を飾る「ヨハネの黙示録」は昔から不気味な予言書として知られてきた。神の前にいる七人の天使がそれぞれラッパを吹いていく様をヨハネは幻視するのだが、なにしろ、そのたびに凄まじい災いがこれでもかと地上に襲い掛かっていくのだ。

 たとえば、第一の天使がラッパを吹くと、

「血の混じった雹(ひょう)と火とが生じ、地上に投げ入れられた。地上の三分の一が焼け、木々の三分の一が焼け、すべての青草も焼けてしまった」(新共同訳 黙示録8:7)

 ……という具合である。

 ヨハネによると、第七の天使がラッパを吹くとき、まさに最後の審判が訪れ、神の計画が成就するという。だが、同じ頃、七つの頭を持つ「火のような赤い竜」も天に現れる。これは「悪魔」「サタン」「全人類を惑わす者」などになぞらえられる悪の存在だ。

 しかし、大天使ミカエルとその使いたちが竜に戦いを挑む。彼らは勝利し、竜を地上に投げ落とすことに成功する。竜は自分に残された時が少ないのを知って怒りに燃える。

 さて、ここで「黙示録の獣(ビースト)」と呼ばれる存在が登場する。

 同書は告げる。まず、同じように七つの頭を持つ第一の獣が海から昇り、竜の持っていた力と権威を与えられる。また、42カ月の活動と「あらゆる種族、民族、言葉の違う民、国民を支配する権威」も与えられ、多くの人々が獣を拝むようになる

 次に、今度は第二の獣が地中から現れ、やはり先に登場した獣の権力を引き継ぐ。

 つまり、ちょっとややこしいが、要は「赤い竜」→「第一の獣」→「第二の獣」という流れだ。この第二の獣は、地上に住む人々に対して、先の獣の像を造るように命じる。

 同書はこう予言する。

「第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(同13:15~18)(太字筆者)

 近年、この獣の数字を「616」と記した3世紀~4世紀頃の写本が発見されたというニュースがあったが、とりあえずその話題は横へ置こう。

 ここで取り上げたいのは、この不可解な予言(太字)についてである。というのも、1960~70年代に入って、バーコードやクレジットカードなどの電子的な決済・流通システムがアメリカで普及しだすと、この一節がにわかに現実味を帯び始めたとして、陰謀論界で注目され始めたからだ。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年5月14日 15:33 | 返信

アップルと悪魔崇拝組織は繋がってますよ笑
Youtubeにもあります。

5:匿名2016年5月 5日 15:00 | 返信

逆にみんなこれくらい知らなかったのかと驚きです

4:匿名2016年4月24日 16:17 | 返信

マイナンバー申請してから2ヶ月以上経つが
発行通知が届く気配が全然ないwww
こんないい加減なお役所仕事と黙示録が結びつくのかね?

3:開花神道2016年4月23日 23:57 | 返信

獣が支配するズートピアとは、タイムリーな話題だのう。

2:匿名2016年4月23日 11:48 | 返信

黙示録とかウケル

1:匿名2016年4月22日 20:36 | 返信

アメノウズメ塾で知って
マイナンバーで在日あぶり出し!
とか騒いでる連中を目にしても、なんだかなーって感じだった

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。