• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 サソリを吸う――いったい何のことか想像がつかないかもしれないが、一部の地域で今まさに、タバコのようにサソリを“喫煙する”行為が広まりつつあるという。それは人体にどのような影響を及ぼすのか? そして、不気味な行為が蔓延しはじめた理由とは? 詳細についてお伝えしよう。

SmokingScorpions.jpg
イメージ画像「Thinkstock」より


■社会問題化するサソリの喫煙

 サソリの喫煙、その震源地はパキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州だと考えられている。今月15日、海外メディア「DAWN」などが一斉に報じたところによると、2007年に社会学者のデイビッド・マクドナルド氏がこの行為を初めて公に報告し、にわかに注目を集めたが、昨今急速な勢いでパキスタンやアフガニスタン、さらにインドの一部の若者の間へと広まり、深刻な社会問題となっているようだ。

 報告によると、サソリの喫煙は実にシンプルな方法で行われる。まず、死んだサソリの場合は日光に数時間晒し、生きたサソリの場合は死ぬまで炙る。こうして乾燥したサソリの死骸をすりつぶしてタバコや大麻に混ぜたり、そのままパイプに詰め、火をつけて煙を吸い込む。つまり、従来のタバコの葉を、そのままサソリの死骸に入れ替えただけなのだ。

動画は「YouTube」より


■サソリを喫煙した人間に起きること

 しかし、その効果はタバコとは比べ物にならないほど恐ろしいものだ。サソリの尻尾に含まれる猛毒を煙にして吸い込むと、人間は強烈な高揚感を覚えると同時に、たちまち目が真っ赤になる。そして意識は正常ながらも泥酔したようによろめき、幻覚が見えるように。効果は10時間以上持続するが、体がその状況に慣れるまでの6時間は、全身に痛みを伴うようだ。しかし、それを過ぎると多幸感に包まれ、何もかもが楽しくなってくる。ちなみに、煙はひどい悪臭を放つが、その味は甘く、依存性も極めて高いという。

コメント

4:匿名2018年5月17日 05:53 | 返信


(≡ω≡;) 食物連鎖の上層部にいそうなサソリが…

まさか、自分が徹底して捕食される側に回るとは
サソリも思っていなかっただろうなw

中毒で血眼になった人間に捕獲されることは
半端な殺虫剤より恐ろしいに違いないw

3:匿名2016年7月20日 00:05 | 返信

6時間も全身の痛みに耐えるなんて真性のMでしょw
サソリを食べても美味しくないみたいだ

2:匿名2016年4月23日 15:00 | 返信

サソリの唐揚げはどうなんやろ

1:匿名2016年4月23日 11:07 | 返信

へー、初めて聞いたな
1度試してみるか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。