• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1604_acidattack_01.jpg
画像は、「Daily Mail」より引用

 世の中には、復讐のために人に危害を加える事件が度々起こるが、そこで復讐する相手を間違えてしまうという悲惨な事件もあるようだ。被害者の姿が英紙「Daily Mail」で報じられた。


■高濃度の酸によって皮膚が溶け、目が潰れてしまった男性

1604_acidattack_02.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 画像に写し出されているのは、頭に包帯を巻き、ベッドに横たわる男性の顔。顔中の皮膚が酸によって溶けてしまったのだろう、全体がケロイド状につっぱり、ピンク色にただれ、血の塊があちこちにこびりついている。特に、目の損傷は酷いようだ。瞼はくっついてしまっているのか閉じた状態だが、黄色いものがはみ出して固着している。もしかしたら、溶けた眼球なのかもしれない……。以前の写真を見ると、彼は健康的な血色をした精悍な顔立ちの男性だった。しかし、酸をかけられた後の顔にその面影を見ることはできないほど、顔面は酷く損傷している。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?