>  >  > 南ア最凶のシリアルキラー「ABC殺人鬼」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

0222southa_hon.jpg
画像は「YouTube」より引用

 数ある国家の中でも、犯罪発生率で頭一つ抜きん出ている南アフリカ共和国。総人口は約5,000万人ほどと日本の半分以下にもかかわらず、1日平均47件の殺人事件が発生している。これは、もはや戦場地区レベルに匹敵し、国民は危険と隣り合わせで日々の生活を送っているのだ。

 そんな南アフリカで、1990年代に黒人女性ばかりが次々と絞殺される連続殺人事件が発生した。いくら日本より犯罪が身近な国であっても、同じ手口で女性が殺されていく猟奇事件に、国中の注目が集まった。

 警察の捜査線上に浮かび上がったのは、モーゼ・シトレという30代の黒人男性だ。普段の人柄は温厚で、子どもたちを虐待から救う人権団体の運営に携わっていた人物だった。まるでジキルとハイドのような二つの顔を持つシリアル・キラーは、どのようにして生まれたのか。


■最悪の環境で育ち、シリアル・キラーに

0222southa_hon2.jpg
画像は「YouTube」より引用

 モーゼ・シトレは1964年に、南アフリカ最大の都市ヨハネスブルグ近郊のヴォスルーラスで誕生した。当時は、人種隔離政策のアパルトヘイトが実施されていたため、彼の育った家庭も、周辺の地域もすべてが貧しかった。

 だが、モーゼの身に降りかかった問題は貧しさだけではなかった。彼が5歳の時に父親が死亡。そして、直後に母親はわが子の育児を放棄して、姿を消した。モーゼと兄弟は、孤児院で3年間暮らすことになるのだが、そこで壮絶な虐待を受ける。アパルトヘイト時代の南アフリカでは、貧しい黒人の人権は皆無に等しい上、守ってくれる親もいないモーゼは、地獄のような日々に耐えながら、幼い胸の内に怒りを貯めこんでいった。

 いびつな環境で育ったモーゼは、10代になると異常な性欲を持て余すようになり、抑えが効かなくなると、言葉巧みに女性を誘い出してはレイプした。だが、事件はすぐ明るみになり、その結果、モーゼは青春時代の大半を刑務所の中で過ごすこととなった。

 7年の刑期を経て出所したモーゼは、荒んだ環境の中で、虐待されている子どもたちを保護する人権団体の運営に携わる。だが、これは彼が刑務所の中で心を入れ替えたからではなかった。モーゼは、弱きを助ける人格者を演じながら、女性をレイプし、殺害し始めたのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?