• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

性器

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

,

纏足

【日本奇習紀行シリーズ】 瀬戸内地方

rope.jpg
※イメージ画像:「Thinkstock」より

 魯迅の『故郷』に登場するヤンおばさんのそれで知られるように、かつて中国では、女性の足を強制的に成長させないようにすることで、それほど長い距離を歩けない状態にし、その逃亡を阻止するための纏足(てんそく)と呼ばれる手法が定着していた。また、現在でもアフリカ大陸の一部の地域では、女性器の入り口を縫合したり、特殊な外科的手法で施術したりすることで、未成年者の淫行や、既婚女性の浮気を防ぐという手法が定着している。このように、世界各地では古の時代より、女性の「性を縛る行為」が広く浸透していたのである。


「女の股をね、荒縄で縛るの。そう、注連飾りに使うような立派な縄でね。だから褌みたいな状態になっているっていうわけよ」


 かつて瀬戸内のとある地域に存在していたという「ある奇習」についてそう語るのは、現在、広島県の特別擁護老人ホームで余生を過ごしている金木謙蔵さん(仮名・74)。彼の証言によると、その地域では、未婚女性の貞操を守らせるべく、女性に対してにわかに信じがたい行為が行われていたのだという。


「年頃になって色気づいてくると、誰しも色恋沙汰にはしるだろ。そういうのをね、戒めるためにだと思うけど、あの辺りじゃね、女の子に初めてのモノが来ると、その日を境に、縄であそこを縛るわけ。後ろを結び目にするからね、自分じゃとれない。しかも、だ。その頃になると、村はずれにね、小屋のようなものがあって。そこで一緒に暮らすの。お互いを見張らせて。だから色恋どころじゃないっていうわけ。もちろん、学校なんかにも行かさないし、会えるのは十日に一度やってくるそれぞれの母親だけ。それを大人になって嫁に行くまで続けるのよ」


 金木さんの話によると、彼が7歳だった当時、その集落には上は13~15歳、下は6~7歳ほどの都合6人の少女たちがいた。彼女たちは性器を荒縄で締め付けられるという、なんとも屈辱的な辛苦を負わされた挙げ句、その大半は外に出ることもなく、なぜか学校に通うことすらなかったという。今よりも多少は大らかな時代であったとはいえ、学校に行くこともなく、彼女たちは村の大人たちに言われるがままに、村外れの「小屋のような場所」(金木さん)に集められ、共同生活……いや、監禁生活を送っていたというから、実に驚くばかりだ。しかも後年、金木さんが人づてに知ったところによれば、監禁下の彼女たちには、さらにおぞましい行為が強要されていたという。

関連キーワード

コメント

7:匿名2016年5月 4日 09:20 | 返信

これはひどい妄想話!
すべてウソ妄想!

6:匿名2016年5月 4日 05:36 | 返信

わざわざ地方まで行ってる体裁の記事なのに、毎回たった一人しか取材しないし、付近を歩きまわって聞きこんだり、補足の取材や裏取りするとか、まったくないよね。
電話でいいじゃん、それ。
そんなんに経費出すなんて、トカナの編集部はよっぽどの金満か、無能ぞろいなんだね。

…って思われちゃうよ。

以上を踏まえて、もう少しリアリティを加味した創作記事を書いてね。

5:匿名2016年5月 3日 19:50 | 返信

大便小便は縄したまま垂れ流しかよWW

つまんねー

4:匿名2016年5月 3日 19:25 | 返信

毎回毎回、ツメの甘い妄想話で面白くもないうえ、コメントもボコボコ
かといって炎上で評判をよぶほどでもない
このシリーズ、どこが面白くて誰に需要があるのかね
こうやってコメントで叩いて楽しんでくれってことなのかな

3:匿名2016年5月 3日 18:27 | 返信

自分は広島在住ですが、こんな話は聞いたことありませんね。しかも毎回どうやってコンタクトをとっているのか?みな年齢のいった人ばかりだし、ネットでコンタクトを取ったのか??

2:匿名2016年5月 3日 17:09 | 返信

日本中のヘンピな田舎を飛び回り、一週間に何件も誰も聞いたことがないグロテスクな奇習ばかりを発掘してくる戸叶さんは本当に凄いなあ!

1:匿名2016年5月 3日 17:02 | 返信


このシリーズは一番ひどいね。

すべて匿名の、出所不明の怪情報ばかり。

仮名の、誰だか分からない人物の、勝手な思い出話がソース。

しかも、具体的に地域名が書かれたことはなし。
「東北」とか「瀬戸内海」とか、すべて曖昧にしてある。

筆者の創作くさい話ばかり。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?