>  >  > 肌の内側から血が噴き出すような「髄膜炎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ウイルス

,

予防接種

,

北原大悟

,

細菌

,

髄膜炎

1604_meningitis_01.jpg
画像は、「Daily Mail」より引用

 ウイルスや細菌など微生物が体内に侵入し、場合によっては酷い炎症を引き起こす髄膜炎。脳や脊髄など、炎症部位によっては生命の危険さえある髄膜炎は、日本国内においては平成27年度からワクチンが使用できるようになったため減少の一途を辿っているが、アフリカ中央部などの“髄膜炎ベルト地帯”と呼ばれる地域では、いまだ猛威を振るっているのが現状だ。今回、英紙「Daily Mail」に投稿された画像は、髄膜炎によって死に至った2歳の女の子の痛々しい姿を克明に写し出している。


■髄膜炎にかかった女の子

1604_meningitis_02.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 無数の医療器具につながれた女の子の胴体は、火傷のように痛々しく赤くただれている。画像越しでも熱を帯びているのがわかるほど、無残な状態だ。

 この少女、フェイ・バーデットちゃんはまだ2歳だった。絵具でイラストを描く姿や、庭で遊ぶ可愛らしい笑顔の写真も公開され、両親の愛情をいっぱい受けて育てられてきたことがうかがえる。だが、悲劇は無情にも無垢で何の罪もない少女に降りかかった。ある日の正午近く、フェイちゃんは突然大声で叫びだし、母親が居眠りから起きて彼女のところへ向かうと「足が痛い」と訴えた。すぐには病院には行かず自宅で看病を続けていたが、体温が41度まで上がるとさすがにおかしいと思い、両親は慌てて病院へと向かった。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年5月 8日 07:40 | 返信

例え細菌性髄膜炎であったとしても、皮膚傷害はないはず。

敗血症になるまで診断されず放置されてたということ。

診断ミス。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?