>  > 手のひらにイチゴのような腫瘤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

baidoku2016041402.jpg
国内で女性の感染者が激増

 新年度早々、厚生労働省は「梅毒の感染者数の増加傾向」に注意喚起を促した。2014年の感染者数が過去10年で最高、10年前の3倍水準という由々しき事態が調査で判明したからだ。

 しかも(米国でもみられない)女性層の感染増加が著しいとは……。梅毒は決して「昔の病気」ではない。

 梅毒は臨床的に、第1期梅毒、第2期梅毒、後期(第3期・第4期)梅毒の3期に分けられる。性行為によって、粘膜の目に見えない傷口から「梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum)」が侵入することで感染する全身性の性感染症だ。

 梅毒は感染後3週間程度の潜伏期間を経て、外陰部に無痛性潰瘍(hard chancre=硬性下疳)と無痛性鼠径リンパ節腫脹(bubo indolenta=無痛性横痃)が生じる。これらのしこり(初期硬結)は小豆大でこりこり感が特徴だが、しこり以外に足の付け根のリンパ節が腫れる場合もある。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。