• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

マレーシア

,

ヤギ

,

北原大悟

,

奇形

,

獣姦

,

神話

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1604_halfgoat_01.jpg
パーン 画像は、「wikipedia」より

 ギリシャ神話には頭にヤギの角を持ち、上半身は人間、下半身にヤギの臀部と足を持つ「パーン」という森の神が登場する。神話の世界なら、そんな不思議な体を持つものもいるだろうと納得できるのだが、実際に人間の特徴を持つヤギが生まれたというから驚きだ。その様子が「Mirror」にアップされた。


■人間の特徴を持つヤギの赤ん坊

 写真が公開されたその赤ん坊は、ちょうど人間の赤ん坊のような大きさの体と、頭や腕、足などを持っている。しかし決定的に人間と違うのが、顔を含めた全身を覆う毛だ。ヤギの子どものようにフワフワとした柔らかそうな淡い茶色の毛が体中に生え、また人間によく似た顔も毛で埋め尽くされている。目の周りにもびっしり生えているため、毛に埋もれてどのような目の形なのか知ることはできない。

 少し開いた口の中に歯は見えず、ピンク色の上あごが覗いているが、人間の赤ん坊が口を開いたときにそっくりだ。また指先、足先の毛の中からは蹄のようなものが生えており、そこはいかにもヤギといった感じ。そして股の間からは、フワフワとした短い尻尾のようなものが生え、動物らしさを強調している。


■人間のようなヤギを見つけた農夫の驚き

 この人面ヤギは、マレーシア南部にある農場で生まれた。農夫のイブラヒムは、1匹のヤギから生まれたばかりの赤ん坊が、人間にそっくりな特徴を備えていることに気づき、度肝を抜かされたと地元メディアに語っている。「見つけたとき、赤ん坊は体の表面に柔らかいライトブラウンの毛を持ちながら、鼻や短い足などが人間そっくりだったのでショックを受けたが、同時に魅了されもした」とのことだ。確かにぬいぐるみのように見えるその赤ん坊は、可愛らしいといえなくもない。

 またイブラヒムによると「人間に似ているにもかかわらず、へその緒を持っていなかった。赤ん坊の親ヤギが踏みつけて取ってしまったのだろう」と付け加えた。子どもはそう長く生き延びることができず、イブラヒムは死体を氷で満たした箱で保存し、地元の獣医のもとに調査のため提供してお金を受け取ったということだ。

 気になるのは、イブラヒムによると農場では以前にも赤ちゃんヤギの体のいくつかの箇所が人間の幼児に似ていることがあったそうだ。このような赤ん坊が生まれる原因ははっきりとはわかっていないが、世間には動物に対して性的な行為をする奇妙な性癖を持った人間もいる。もしも、その結果として奇妙な赤ん坊が生まれたのだとしたら、これは悲劇でしかないだろう。人間が快楽を求めたために生まれてきた存在ではなかったことを願いたい。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年5月 5日 07:42 | 返信

赤ん坊の頃のチューバッカ?

1:匿名2016年5月 5日 07:29 | 返信

件ですな
悪い予言を1つして絶命するらしい
どこかにつがいがいるから解決方法を聞くとよろし
・・・と、ぬ~べ~でやってた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?