>  > 世界のチャリティー詐欺5選がヤバすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

9.11

,

地震

,

狐月ロボ

 4月14日以降に発生した最大震度7規模の地震によって、熊本県は甚大な被害を受けてしまった。読者の中にも、被災地への義援金の寄付を考えている方がいることだろう。しかし、人の善意が集まるところには、それを食い物にして私腹を肥やそうとする輩が現れる。聖人のような顔をしながら、裏では自分のことしか考えていない筋金入りの偽善者には注意が必要だ。

 今回は、過去に実際に起こった、巨額チャリティー詐欺事件の数々をご紹介しよう。


■大物ミュージシャンのハイチ地震チャリティー詐欺

 2010年1月12日、マグニチュード7の地震がハイチで発生。多くの建物が倒壊した結果、31万6千人もの死者を出し、被害総額は77億5000万ドルをこえた。

 地震発生直後からアメリカの主要なテレビ局はハイチ救済のための募金を視聴者へ呼びかけ、ハリウッド俳優やミュージシャンもチャリティーイベントに参加した。こうして集められた義援金は1600万ドルにものぼり、ハイチ出身のミュージシャン、ワイクリフ・ジョンが設立した慈善団体「エール・ハイチ」に集められた。
 
 ワイクリフ・ジョンは、ローリン・ヒルらと結成した「フージーズ」として全米で大ヒットを飛ばした、ブラック・ミュージック界の大物だ。そんな彼を信じて、音楽ファンからも多くの義援金が寄せられた。

 ワイクリフは、この1600万ドルをハイチの人々に送金すると約束したのだが、地震発生から数年後に「多額の義援金不正使用」が明らかとなった。

HAITI.jpg
画像は、わいクリフ/Dailymailより

・エール・ハイチは、自分たちの飲食代として50万ドルを使用。
・建設業を手掛けるワイクリフの義理の兄弟のもとに、63万ドルが融資されたが、何に使われたのか不明。
・ワイクリフがチャリティーショーへ出演するための移動の飛行機は常にファーストクラス。
・6万6千ドルの義援金が集まったシカゴのチャリティーイベントでは、女優のリンジー・ローハンの出演料が3万ドル。
・ハイチに俳優のマット・デイモンが慰問に訪れた際は、5万8千ドルでプライベートジェットをチャーター。
・震災によって親を失った子供たちへ毎月3千ドルを支給すると発表したが、数カ月でサポートを打ち切る。

 これらの事実が告発されると、当然のようにワイクリフへ非難が集中。エール・ハイチは設立から8年で閉鎖され、ワイクリフは謝罪会見で涙を流したが、全米から集まった善意の大部分が、ハイチへ送られることはなかった。

関連キーワード

9.11

コメント

1:匿名2016年5月30日 05:28 | 返信

日本の24時間テレビも、日赤も、ユニセフも、全額ではないが詐偽みたいなもの。

かつての震災の義援金も莫大な使途不明金があるし海外だけの話ではない。

日本の実情も記事にしてよ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。