>  >  > マリアナ海溝で発見された新種クラゲに衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 近年、海洋探査技術の飛躍的な向上に伴い、深海にまだ誰も見たことがない不思議な姿の生物が数多く暮らしていることが判明してきた。そんな“未知の世界”の住民が、またひとり私たちの前に姿を現したようだ。まずは、「米国海洋大気圏局(NOAA)」が先月25日に公開した以下の映像をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より

 太陽光がまったく届かない暗い海の底で、くっきりと浮かび上がった怪しくも神秘的な光――。黄色いランプシェードのような中心部から、複数の触手が放射状に伸びている。およそ地球上の生物とは思えない摩訶不思議な姿だが、これが今回初めて人類との対面を果たした新種のクラゲなのだという。

 NOAAの発表によると、新種のクラゲは先月24日、グアム島周辺に繰り出していた探査船「Okeanos Explorer」から放たれた無人探査機「Deep Discoverer」によって、マリアナ海溝の深海3,700m(「エニグマ海山」周辺)で発見された。まるでCGかと勘違いするほどの鮮明さだが、これは紛れもなく無人探査機が深海で捉えた映像だという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。