>  >  > 火星をうろつく「小人」が激写される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 これまでトカナもスクープを報じてきたが、現在の火星に文明の痕跡や生命体そのものが存在していることは、いまやUFO研究家やオカルト専門家の間では常識となっている。NASAが送り込んだ無人探査機「キュリオシティ」が撮影した最新の火星画像に、「オバマ大統領の顔」「宇宙船」「レーザー銃」「古文書」「小さいおじさん」「宇宙ガニ」、そして「プレーリードッグ」などがくっきりと写り込んでいることは揺るぎない事実なのだ。

 そして先月、またしても常識では考えられない驚くべき存在が発見されてしまったようだ。それはなんと、人影。しかも、身長3~5cmという人類よりもはるかに背の低い「小人」だというのだから開いた口がふさがらない。まずは何よりも、問題の画像をじっくりご覧いただこう。

MarsAlien.jpg
画像は「NASA」より引用
MarsAlien_2.jpg
画像は「NASA」より引用
MarsAlien_3.jpg
画像は「NASA」より引用

 先月4日、黙々と孤独な調査を続ける「キュリオシティ」が、火星の地表を写した最新画像を地球に送り届けてきた。NASAの「ジェット推進研究所(JPL)」は、その超高解像度パノラマ画像(13,054×3,000ピクセル)をすぐさま公式サイトで一般公開したが、いち早く画像分析に取りかかったUFO研究家たちによって、信じられないものが見つかってしまった。なんと画像左奥に、青っぽい衣服を身に着けた“人の影”が写り込んでいたのだ。なお、一報を聞きつけたトカナ編集部の火星生命調査班画像解析係もオリジナル画像を入手、休日を返上して分析にあたったが、たしかに人影が写り込んでいることを確認済みだ。

コメント

5:否定するの大好き2017年7月27日 22:08 | 返信

何が(これまでトカナもスクープを報じてきたが、現在の火星に文明の痕跡や生命体そのものが存在していることは、いまやUFO研究家やオカルト専門家の間では常識となっている。NASAが送り込んだ無人探査機「キュリオシティ」が撮影した最新の火星画像に、「オバマ大統領の顔」「宇宙船」「レーザー銃」「古文書」「小さいおじさん「宇宙ガニ」、そして「プレーリードッグ」などがくっきりと写り込んでいることは揺るぎない事実なのだ。)だ
アホの馬鹿だなそんな絵空事信じる分けねぇ
て言うかそもそもそんな者居ないと証明されてるそんな事も分からんのか馬鹿共は

4:匿名2016年6月23日 05:18 | 返信

影を見ればわかるように、小人に見えるモノの下半身(脚部分)は岩で、上半身は奥の岩の模様(色が変わってる部分)である。同じ色が周囲の岩にもありますよね?
下半身部分にしか影ができてない。にもかかわらず、なぜ記事にしてしまったのか?
周りの岩にできている影の角度と、小人と言っているモノの影の角度を測ってみようと言うような人は編集部に存在しないのか?
「これは小人じゃない、岩ですね」って言い切るような記事じゃないと、馬鹿にされちゃいますよ

3:匿名2016年5月11日 15:40 | 返信

ネズミや 謎の石像は巨大で
人間?は小さい

小人は謎の生物のエサ?!

2:匿名2016年5月 4日 11:47 | 返信

世界で最も信頼されているメディアであるトカナ編集部の火星生命調査班画像解析係と世界的に有名なUFO研究家スコット・ウェアリング大先生が認めているのだから、ノーベル賞級の発見だ

1:匿名2016年5月 3日 13:58 | 返信

最初の段落のノリや「火星生命調査班」などというフレーズから、MMR等を意識したネタとしての確信犯的なオカルト記事だと思うが、正直非常にサムい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。