>  > 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:
sakuraiyoshiko_01_160502.jpg
「櫻井よしこ オフィシャルサイト」プロフィールより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 櫻井よしこといえば、安倍首相と二人三脚で改憲運動を引っ張っている、“極右論壇”のマドンナ。「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表、極右改憲団体「民間憲法臨調」代表など、戦前回帰を狙う日本会議ダミー団体のトップを務め、さまざまな場所で憲法改正の必要性を叫び続けている。

 もっとも、櫻井氏については、作家の百田尚樹センセイや先日逮捕された田母神俊雄サンとは違って、トンデモぶりを指摘する声は少ない。むしろ、多くの人が“上品な保守言論人”のようなイメージを抱いているようだ。

 ところが、そんな櫻井氏にこんな辛辣な批判の声が上がっている。

「櫻井さんに知識人、言論人の資格はありません。言論人の仮面をかぶった嘘つきです」
「櫻井さんの言説は理論ではなく、櫻井さんの好き嫌いを表現した感情論、あるいは櫻井グループの利害を表現した損得論に過ぎないということです。バカバカしい」

 こんな発言をしたのは、憲法学者の小林節・慶應義塾大学名誉教授だ。もともと、自民党の改憲論議に付き合ってきたタカ派の改憲論者で、近年、安倍政権の立憲主義を無視した暴挙に危機感を表明したことで知られる小林教授だが、最近、「月刊日本」(ケイアンドケイプレス)2016年4月号のインタビューに登場、櫻井氏を苛烈かつ理路整然と批判しているのである。

「公開討論を求める! 嘘だらけ・櫻井よしこの憲法論」と題されたこのインタビュー記事で、小林教授はまず、櫻井氏の人物像についてこう語る。

「もともと民主主義の基本は、正しい情報に基づいて国民が国家の方向性を判断するということです。しかし私に言わせると、安倍政権は嘘キャンペーンを張って、国民を騙しています。そのことで櫻井さんが大きな役割を果たしている。美人で、経歴が良くて、表現力もあるから、一般国民はコロッと行ってしまう。このままでは安倍政権や櫻井さんの嘘に騙されて、国民が判断を誤りかねない状況です」
「私の経験から言うと、櫻井さんは覚悟したように嘘を発信する人です」

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年10月 2日 11:34 | 返信

小林節先生は、所詮学者だ。理念は、現実では、そのまま実施は不可能だ。国民には、多くの義務が必要だ。労役の義務、子育ての義務、投票の義務。。。。。理念は、搾取に成功した豊かな資本主義の先進国のみでなりたつ。搾取がうまくできない国では不可能だ。世界中の国が、国民の権利だけを認め、政府に多くの義務を課し、国民の義務はミニマムにできるだろうか。国民主権だろうが、なかろうが、現実社会では、国民には、多くの義務が必要。民度が高ければ、国を思う気もちも高かったので、義務と明記しなくてもよかったが、残念ながら、国民に義務を明示しないといけない状況になってきている。一部の理念の人たちが、愛国心を否定し続けている。そもそも国がないと、政府と国民の分業は成立しない。国家がなくなったら、義務は誰が負うのでしょう。

2:リテラ極左宮島みつや2016年5月19日 14:56 | 返信

こうやってひっそりと極左が活動してる日本。
この記事を見て安易に信じる人は少ないと思うけど、少なくても宮島みつやをググるとどんな人物がこの記事を書いているのかはわかると思います。

1:匿名2016年5月 5日 09:32 | 返信

宮島はとっとと日本から出て行けや。
もしくはチャンコ口に滅多刺しにされて、自分の愚かさに気づけばいい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。