• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ルイ14世

,

仮面の男

,

枢機卿

,

詐欺

,

逮捕

,

鉄仮面

IronMask.jpg
画像は、「Wikipedia」より引用

『岩窟王』など数々の名作を世に送り出したフランスの文豪、アレクサンドル・デュマ(通称:大デュマ)。特に有名な冒険小説『三銃士』の続編『ブラジュロンヌ子爵』の後半に登場するのが、いわゆる「仮面の男」だ。レオナルド・ディカプリオ主演の映画などを観て、頭がすっぽり隠れる鉄仮面を着けられたまま幽閉されている異様な姿に衝撃を受けた読者も多いことだろう。実はこの男、17世紀のパリに実在した人物であることが判明している。

「仮面の男」の正体については、ルイ14世(フランス王)の双子の兄、チャールズ2世(イングランド王)の息子、軍法違反を犯して逮捕された元将軍など、これまで諸説入り乱れてきた経緯がある。しかし、そのどれもが決定打に欠け、真実は闇の中となっていた。ところが最新の研究により、議論が収束する見通しだという。そう、ついに彼の素性が白日の下に晒される日がやって来たのだ。350年もの長きにわたり、厚い仮面で覆われてきた驚くべき“真実”とは――!?


■「仮面の男」は何者? なぜ幽閉された?

IronMask_2.jpg
画像は、「UC SANTA BARBARA」より引用

 今月6日、海外科学サイト「Live Science」が伝えたところによると、数々の文献を調査して「仮面の男」の鉄仮面を剥ぎ取ることに成功したのは、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校で歴史学の教壇に立つポール・ソンニーノ教授だ。

「仮面の男」については、1669年に逮捕されてから1703年に死ぬまでの30年間、かの有名なバスティーユ牢獄に幽閉されていたことが知られている。そして「彼の頭部は常に鉄仮面で覆われ、誰もその素性を知ることができなかった」という話が市民の間に広まった結果、大デュマだけでなくヴォルテールなどの文人の興味をそそり、数々の伝説が生まれていたようだ。

「歴史家たちの間では、『仮面の男』の正体がユスターシュ・ドージェという人物であると考えられています。(そこまでは正しいのですが)しかしこの囚人、実は時折マスクを着けていたというだけの話であり、そのマスクも、鉄製ではなくベルベット製だったのです」
「そして『仮面の男』は、誰かの“召使い”であったことも間違いありません。問題は、果たして誰の召使いであったのかという点、そして30年も幽閉された理由なのです」(ソンニーノ教授)

 そして調査を進めた教授は、ついにその答えを突き止めた。

関連キーワード

コメント

1:匿2018年3月 8日 04:25 | 返信

鉄仮面は確かに本当 
フランス今も無実の男が亡くなるまでくらすダルタニャン物語では3部作ミレディとの最後の対決本当はフランスでは硬く口外しないように鉄仮面の男名前は偽名のまま

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。