>  >  > 100年前に撮影された28枚の“水彩着色”カラー写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

アナザー茂

,

ジャパネスク

,

明治

 1868年、徳川家康が江戸に幕府を開いてから約3世紀、大政奉還を経て明治時代になり日本が大きく変わろうとしていた激動の時代である。鎖国が解け、西洋との貿易もはじまり、様々な新しい文化が横浜などの港町から次々と入ってきた。

 その中でも、とりわけ日本人を驚かせたのは写真である。魂を吸い取られるのではないかとまことしやかに囁かれた写真ではあったが、数多くシャッターが切られ、風景から当時の伝統、庶民の生活といった貴重な日本の日常が残されている。モノクロ写真しか無かった時代だが、水彩で着色されたカラー写真もあり、これらからはノスタルジーを感じることもできるだろう。

japan-meiji9
IMAGE: NEW YORK PUBLIC LIBRARY
japan-meiji33
IMAGE: NEW YORK PUBLIC LIBRARY

■写真が捉えた明治時代の素顔

japan-meiji5
IMAGE: NEW YORK PUBLIC LIBRARY

 明治時代というとどこか遠く聞こえるかもしれないが、今からたった100年程前の時代である。長くにわたって続いた幕藩体制から一転、「散切り頭を叩いて見れば文明開化の音がする」といわれたように西洋のものであれば何でも優れているとされた風潮が蔓延した。技術や思想、習慣、食べ物にいたるまでありとあらゆる物が日本に押し寄せ、ちょん髷を切り落とした「散切り頭」のように幕末の文化と西洋の文化が入り混じる日本独自の“ハイカラな西洋化”が進んだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年5月15日 14:19 | 返信

ある程度立ち止まらなければ写らなかっただろうから、風景以外は撮影者側の作られた日本のイメージにも見えてくる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。