>  >  > アフリカでアルビノの人への襲撃が多発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_albino.jpg
アルビノの悲劇を拡大するな!Dietmar Temps / shutterstock.com

 5月1日付けのAFPBB Newsによれば、国連(UN)のアルビノ(先天性白皮症)の人権問題の専門家で、自らもアルビノのイクポンウォサ・エロ氏は4月29日、アフリカ南東部マラウイに居住するアルビノの殺人事件が頻発しているため、アルビノが壊滅する危機に瀕していると警告した。

高額で取引されているアルビノの人々の身体

 マラウイの裁判所は先週、アルビノの女性(21)を殺害した2人の男性に対して禁錮17年を言い渡した。警察の報道官によれば、女性を殺害した女性のおじ(38)と共犯者は「殺害したのは悪魔だ」と訴え、寛大な措置を求めたという。

 12日間にわたって現地を調査したエロ氏は、「2014年からアルビノの人々への襲撃、誘拐、殺人がマラウイ警察に65件も報告されている。1万人いるアルビノの人口を脅かすほどの危機的状況だ」と報道陣に語った。

 エロ氏によれば、マラウイではアルビノの人体の一部を持っていると、富を増やし、事業を繁栄させ、雇用を促進すると妄信されているため、アルビノが犠牲になっている。また、死後も遺体の一部が墓地から盗まれ、高額で取引されているという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。