>  >  > 【超・閲覧注意】プレデターに殺された死体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

ブラジル

,

プレデター

,

北原大悟

,

武器

,

殺人

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1605_predator_01.jpg
画像は、Søren Bæk / skull(from Flickr, CC BY 2.0)

 今年8月に開催されるリオデジャネイロオリンピックを前に、開催国であるブラジルの犯罪件数の多さが注目されている。ブラジルのNGO(非政府組織)である「ブラジル治安フォーラム」は2014年にブラジルで起こった殺人や傷害致死事件を集計し、その数が58,000件にも上ったことを明らかにした。これは1日平均で160件にもなるという。


■ブラジルで多発する殺人・傷害致死事件

 昨年11月にはブラジル北部のサンタイザベルで、車に乗っていた日本人移住者3人が銃撃戦に巻き込まれ、2人が死亡するという事件が発生。地元の刑務所では暴動が起き、囚人の脱走を手助けしようとした集団と警察との間で銃撃戦となったようだ。集団の一部の人間が、買い物に行く途中の日本人の車を奪おうとして発砲したのだという。

 さらに最近の事件で言えば、今年1月にリオデジャネイロで、カーニバルに先立って行われたパレードの会場で男が発砲。男性1人が死亡し、流れ弾によって付近にいた3人が負傷したという事件が起こった。同日、首都のブラジリアにおいても街頭パレードが行われたのだが、こちらも発砲事件によって男性1人が死亡し、1人が傷を負うという事態に。

 毎日のように殺人事件が発生しているブラジルでは、銃による事件が多いようだが、中には正体不明の武器で惨殺されるという悲惨なケースもあるようだ。ブラジルのバイーア州・セリーニャという都市で、一体どのような武器で殺されたのかが判明しない死体が発見された。その凄惨な死体の様子が海外サイト「Best Gore」で公開され、「プレデターによる犯行ではないか」など、さまざまな憶測を呼んでいる。

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名2016年5月18日 05:45 | 返信

50口径の対物ライフルで吹き飛ばされるとこんな感じになるよ

4:匿名2016年5月16日 15:10 | 返信

ショットガンというものが無い世界に迷い込んだのか?

3:匿名@cW9AoiDbGQw2FxL2016年5月16日 08:27 | 返信

信濃町のダニガワ主任副会長の様に醜い、374919事件知ってるダニ?

2:匿名2016年5月16日 03:05 | 返信

プレデターって皮を全部はいじゃうんじゃなかったっけ?

1:匿名2016年5月16日 00:31 | 返信

筋のようなものがびっしり詰まってる、って…

しろーとかよW

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?