>  >  > 【悲報】パナマ文書でヒラリーの“UFO顧問”が槍玉に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
clinton0511.jpg
ヒラリーのUFO情報開示活動について報じた記事「frontpagemag」より

 2016年、ヒラリー・クリントン氏が「私が大統領に就任した場合、UFOの政府極秘ファイルを調査し、機密扱いを解除して、国民に公開する」と有権者に約束したことが話題になった。

 この公約の裏にはヒラリーのブレーンといわれるジョン・ポデスタ氏の存在がある。

 オバマ大統領の元上級顧問も務めたポデスタは、2014年に顧問を退任する際、ツイッター上で「2014年最大の失敗:またもUFOに関するファイルを開示できなかったこと」とつぶやいたことが話題になった人物だ。

 話はかわって、現在世界の首脳たちを震え上がらせている「パナマ文書」だが、ここで「ポデスタ」の名前が話題になっていることはあまり知られていない。

「パナマ文書」によって、プーチン大統領の側近たちが、保有するロシアの大企業の株式を租税回避地のダミー会社に移転するため、ロシア最大の銀行ズベルバンクを利用していたことは以前明らかになった。だが、そこから飛び火して、今度はヒラリー・クリントンがズベルバンクの米国投資子会社と同じロビイング会社を使っていることも明らかになったのだ。

 このロビイング会社こそ、ジョン・ポデスタと、その兄であるトニー・ポデスタが創業した「ポデスタ・グループ」だ。

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。