>  >  > 脚の肉を450グラム切除してオバマに抗議!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

アメリカ

,

オバマ

,

デモ

,

北原大悟

,

,

※2頁目以降に衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1605_momokiru_01.jpg
画像は、The U.S. National Archives / A Senior Citizens' March To Protest Inflation. Rev. Jackson Is Shown Speaking, 10/1973 (from Flickr, CC BY 2.0)

 国の法律や政策に市民が異議を申し立てるとき、デモや演説、署名活動などの行動に打って出るケースは多い。しかし中には、より過激な行動で政府に掛け合おうとする人もいるようだ。とあるアメリカ人は、オバマ大統領に異議を申し立てるために、自らの肉を1ポンド(約450グラム)も送りつけようとして悲惨なことになってしまったようだ……。その衝撃の一部始終が、今月16日、事件や事故の現場を公開する海外サイト「Best Gore」にアップされた。


■地獄のような傷みと出血をともなう太ももの切除

1605_momokiru_02.jpg
画像は、「Best Gore」より

 悲しげな音楽とともにまず映し出されたのは、投稿者のむきだしの右太もも。長さ20センチほどだろうか、赤いペンでラグビーボール型の点線が描かれている。そして「アメリカの政府の方針に異議を申し立てるため、オバマ政府に1ポンドの肉を送ることに決めた。ワインで酔っ払って肉を切り取りはじめた」といった内容のコメントが表れる。すると次の画像には、大きくえぐれて穴のできた右足と、手には切り取った肉が! 太ももの穴はみずみずしい鮮血で潤っている。

 切り取られた20センチほどの長さの肉片は、手のひらの上でデロリと転がり、重みがあることを窺わせる。コメントによると、地獄のような痛みとひどい出血があったということだったが、結局切り取れた肉は1ポンドの半分にも満たなかったという。そのため投稿者は、もう1度肉を切り取ることに。そして次には、自ら処置したのだろうか、傷口が雑に縫い合わせられた右足と、切り取る部分が赤ペンで描かれた左足が映し出される。右足の時と同じような形の楕円形だ。

※次頁以降に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年9月19日 22:02 | 返信

血ってもっと黒っぽいイメージだけどなー
本物なのかな?
どちらにしろバカだな。

3:匿名2016年5月21日 10:35 | 返信

バカですか?

2:匿名2016年5月19日 07:50 | 返信

バカとしか言いようがない。
灯油かぶって火だるまにでもならなきゃ
相手にされないよきっと。

1:匿名2016年5月18日 21:17 | 返信

たった1人の肉片くらいで政府が反応するわけないじゃないか。
もっと大量の人間がやらないと影響力ないよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?