>  >  > ドイツ山中にナチス製原子爆弾が埋まっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
atombomben.jpg
画像は「Bild」より引用

 第二次世界大戦末期、敗戦を免れないことを悟ったヒトラー率いるナチス・ドイツは、世界各地から強奪した財宝を列車に積み、山中地下の秘密基地に隠したと考えられている(ナチス「黄金列車」伝説)。戦後71年が経とうかという今でも、多くのトレジャーハンターたちは、それを血眼で探し回っているのだ。

 ところが現在、とあるドイツ人男性がナチスの「財宝」ではなく「原子爆弾」を見つけてしまったとして大きな話題となっている。凍りつくような恐ろしい発見の詳細についてお伝えしよう。


■恐怖! 地中レーダーに映ったのは……

atombomben_4.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 今月12日、ドイツ紙「Bild」が報じたところによると、ナチス製原子爆弾を発見したと主張しているのは、元機械エンジニアのペーター・ローアさん(70)。現役時代に培った技能を活かし、退職後にナチスの財宝探しを開始したローアさんだが、目をつけた同国中部テューリンゲン州「ヨナス谷」を地中レーダーで探査中、モニターに5つの不思議な影が写り込んだのだという。

「これはもしや」と思い、さらに3D解析を進めたローアさんは凍りついた。なんと地中にある謎の物体は、金属製で、戦中・戦後にかけてアメリカやソ連が開発を競っていた原子爆弾そっくりの形をしていたというのだ。5つの影のうち少なくとも2つはナチス製原子爆弾であると確信したローアさんは、恐怖に打ち震えながらも事態をすぐさま州当局に通報、次のように必至で訴えた。

atombomben_2.jpg
画像は「Bild」より引用

「(原子爆弾を覆う)金属が腐食すれば、第2のチェルノブイリともいうべき恐ろしい事態になるだろう」
「直ちに処理班を組織し、脅威を取り除くべきだ」

 ところが、返ってきたのは開いた口が塞がらないほど呑気な答えだったという。

コメント

4:匿名2017年7月15日 08:05 | 返信

意味わかんねぇ…
原子爆弾は腐食しようがハンマーで叩きまくろうが爆発しねぇよ馬鹿
爆弾ってついてるからって発想が幼稚すぎるわ
原子爆弾の原理構造仕組みを最低限知れよ

3:匿名2016年6月 3日 00:54 | 返信

戦後は終わってないらしい朝鮮半島は分断されたまま戦前の我が国やロシア製の武器や軍歌がいまだに使われ  だが我々も異質な物への不寛容や個人の自由や権利や福祉や個性や寛容や幸福より国家や秩序や青少年の教育が優先されはじめ国家や宗教や市民団体や政治家や右翼や左翼や秘密結社が暗躍しマスコミは彼らにとって都合の悪い事は公開しなくなりイデオロギーに染まり彼らのプロバカンダの道具になり始め西洋やフィリピンではドナルドトランプ氏のような政治家が支持されるようになりイスラム教徒たちがかつて日系人がされたのと同じような事をされはじめかつて西洋にいじめられてきた中東やアフリカやアジアからのテロや移民にかつての加害者は苦しみ始めアメリカや連合国我が国や当時の数育国威や地球人類全員がこれまでの戦争等の過ちから学べただろうか?オバマ大統領が訪問した広島平和記念公園の石碑もう2度と過ちは繰り返しません安らかにお眠りくださいは何だったのか?

2:匿名2016年6月 3日 00:38 | 返信

戦後は終わってないようだ朝鮮半島は分断されたままいまだに戦前戦中のソ連や我が国の武器や鉄道古いインフラや古い軍歌を使ってる、我が国では反日勢力と左翼と右翼や民族主義政治に口を出す宗教やカルト団体や異質なへの不寛容や個人や個性や自由や権利より国家や秩序や青少年の教育が優先されるようになりつつあり民主化するかと思われた中国では以前からの自由人権意識の欠如や共産党の弾圧等に寄り自由や人権は風前の灯火皇帝や首相が殺されかけたり西洋ではドナルドトランプの様な過激な発言や人間や政党が人気になりつつイスラム教徒等に対してかつて日系人がされたのと同じ事がされそうな雰囲気になりはじめマスコミは朝日や産経新聞や週刊赤旗やニューヨークタイムズや琉球タイムズの様にイデオロギーに染まり右翼や左翼や裏で操ってる国や秘密結社や政治家や主教や市民団体にとって都合の悪い事は言わなくなりプロバカンダの道具になりつつある。第2次世界大戦直前の世の中が今我々によりリメイクされてる気がしてならない。

1:匿名2016年5月19日 15:51 | 返信

>これ以上調査を続けるなと言ってくるだけでした!(ローアさん)

この人殺されるよ。
時が来たら、必要な時に計画通りに爆破させるための原子爆弾じゃないの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。