>  >  > 「最後の晩餐」でイエスは弟子に食べられた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント16
TheLastSupper.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』 画像は「Wikipedia」より引用

■本当の「最後の晩餐」とは!?

 新約聖書に記述されているイエス・キリストの重要事跡「最後の晩餐」。これはキリスト教会において「主の聖餐」として伝統的儀式となり、現代に至るまで受け継がれている。司祭によって聖化された赤ワインとパンはイエスの血と肉になる。信徒たちは、それを食べることで自らの体にイエスを取り込み、教会と合体するという儀式だ。

 ほとんどの読者は、死を予期したイエスは弟子を集めて「最後の晩餐」に臨み、その後、逮捕・磔刑になったと考えているだろう。実際、聖書にもそう書かれている。ところが昨今、驚くべき新説が唱えられていることをご存知だろうか。哲学者のやすいゆたか氏らによると、「イエスは最後の晩餐で本当に弟子たちに食べられてしまった」というのである。

 では、現代の新約聖書中の一書『ヨハネによる福音書』に記されている「最後の晩餐」で、イエスが弟子たちに語ったとされる言葉を見てみよう。

「わたしは命のパンである。あなたたちの祖先は荒れ野でマンナ(神が民に与えた愛の食べ物)を食べたが、死んでしまった。しかし、わたしは、天から降ってきた生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである」(第6章46節)

「人の子の肉を食べ、その血を飲まなければ、あなたたちの内に命はない。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる。わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもいつもその内にいる」(第6章53節)

 つまり新説では、ここで語られているパンとワインが比喩などではないというのだ。

あなたも霊視ができる本

あなたも霊視ができる本

ポーランド系の魔女が霊を味方につける方法教えます

コメント

16:匿名2017年9月30日 17:45 | 返信

ポーランド、アイヌ云々を名乗らないでほしい。
恥ずかしいだけ・・・

15:匿名2016年11月13日 02:17 | 返信

以前に″さかきばらの現在の顔を霊視″と魔女であるあなたの書かれた記事がありましたよね。その顔は文春で暴露されたものとは全く違いましたよね。更にその顔はネットで誰でも拾える『さかきばらの現在の顔』と呼ばれる画像を書き起こしたものでしたよね?あれ以来、魔女であるあなたの記事は全く信じておりません。

14:匿名2016年10月19日 04:00 | 返信

「バチカンや英国教会による児童殺人儀式の疑惑も」はまったくのデマです。
英語で調べれば、デマということはすぐ分かるでしょう。
英語が分からないのであれば、こちらのサイトの下の方にある「ローマ法王が児童虐殺?」を読んでください。
http://witam-pl.com/2015/10/31/blog18/#a6

メディアとして情報を流すのであれば、特に情報源がムーなどの信ぴょう性がないようなところなのであれば、最低限それが真実かどうか見極めてください。

13:匿名2016年10月19日 03:55 | 返信

「バチカンや英国教会による児童殺人儀式の疑惑も」はまったくのデマです。
英語で調べれば、デマということはすぐ分かるでしょう。
英語が分からないのであれば、こちらのサイトの下の方にある「ローマ法王が児童虐殺?」を読んでください。
http://witam-pl.com/2015/10/31/blog18/#a6

メディアとして情報を流すのであれば、特に情報源がムーなどの信ぴょう性がないようなところなのであれば、最低限それが真実かどうか見極めてください。

12:匿名やすいゆたか2016年6月19日 22:31 | 返信

大変な誤読があります。最後の晩餐でイエスが食べられたとは書いていません。最後の晩餐はリハーサルだと書いているのです。そうでないともし最後の晩餐で食べられちゃったら、イエスは十字架に架けられなかったことになってしまいます。最後の晩餐でパンをイエスの肉と見立てて、イエスの肉の代わりにパンを食べ、イエスの血の代わりにワインを飲んだのです。そしてその後イエスは捕まり、裁判にかけられ、夜が明けてから刑場に引き立てられ、十字架に架けられ絶命したのです。その死体をイエスの弟子が墓に納めると見せかけ、すり替えて、本当の聖餐をしたということを書いてあるのです。『キリスト教とカニバリズム』(三一書房刊)『イエスは食べられて復活した』(社会評論社刊)に詳しく書いてありますので、誤読のないようにご紹介願います。
それからイエスの聖餐はあくまでも聖霊を引き継ぐための聖なる儀式としてなされたものであり、決して当人たちは猟奇的に行ったわけではありません。これを行ったことで、全能幻想が肥大化し、結果的に共同幻想で復活したイエスをイエスの言動を思い出させる言動をした人に見出したわけで、宗教心理学的な見神の一種です。

11:匿名2016年5月22日 23:17 | 返信

なにやら香ばしいのが湧いてきたな。8のようなイタすぎる人間を引き寄せてしまうのも、魔女のなせる技かw

10:匿名2016年5月22日 22:35 | 返信

校正指摘してるやつが見事に誤字脱字満載とか馬鹿なの?w
生き恥晒しww

9:匿名2016年5月22日 21:58 | 返信

魔女w

8:匿名2016年5月22日 21:41 | 返信

お、ちゃんと直ってますね〜「カリバニズム」。
読者に指摘されてコッソリ直しました、なんて分かったら編集もライターも恥にしかならないんで。
次回以降は固有名詞や大事な単語、数字は最低限、必ず構成することを覚えようね。
まあ、記事が面白いとか、つまらいとかについてはそれから!
面白い記事は面白いし、愛読者として期待してる!
がんばれ!

7:匿名2016年5月22日 14:29 | 返信

すいませんが記事(なのか?)の最初に
「マジョでーす」って書いてくんねーかな。
そしたらクッダラネー作文読むという
無駄な時間を無くす事ができる。
すべての記事のタイトルの次に
元ネタと書いたヤツ書けよ。

6:匿名2016年5月22日 11:40 | 返信

相変わらず頭のおかしい自称魔女の妄想記事かよ。

5:匿名2016年5月22日 11:24 | 返信

キリストって、ずいぶんエキセントリックな男だな。
こう・・ もっと他の良い手は考えられなかったのだろうか。
弟子達も気の毒に…。
磔台を拝ませる変な宗教だし、キリスト教はやっぱりロクなもんじゃないね。

4:匿名2016年5月22日 10:38 | 返信

やっぱ宗教はキチガイですわ。

3:匿名2016年5月22日 09:41 | 返信

>>2

ジャムおじさんもピッコロもデンデも神。

2:匿名2016年5月21日 22:00 | 返信

「わたしは命のパンである。あなたたちの祖先は荒れ野でマンナ(神が民に与えた愛の食べ物)を食べたが、死んでしまった。しかし、わたしは、天から降ってきた生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである」

と言う事はアンパンマン等のジャムおじさんが創りしパンシリーズは神の子で有りジャムおじさんは神であると言う事

1:匿名2016年5月21日 17:30 | 返信

バカなの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。