>  > JKカフェで働く女子高生3人が語った本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~


 新宿某所にあるJKカフェが閉店した。JKカフェとは、女子高生が店員を務める喫茶店のことだ。メイドカフェにメイドがいるように、JKカフェには女子高生がいる。

 昨今、JKビジネスへの批判が高まった。「散歩」などのオプションにとどまらず、裏オプション(たとえば性交渉)などが存在する店もあり、児童買春の温床になっていたからだ。そのため、裏オプションのない店でも経営が苦しくなり、閉店に追い込まれた形だ。

JK_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■店主が明かす、JKカフェの実態

 店主の男性は、JKビジネスに携わるようになった経緯についてこう話した。

「3~4年前、まず別のJKカフェで働き始めました。当時はまだJKビジネスという言葉もなく、批判もない。それからこの店に移ってきたんです。でも、だんだん規制が厳しくなってきて、そんな時に2代目が店を手離したから、店を任されることになった。

 以前は、パンチラカフェなんてのがありましたよね? 実はこの店も、最初はパンチラがあるJKカフェでした。といっても、わざと見せているわけじゃなく、カウンターの奥で座っていて、たまたま見えてしまっただけなんだけど」

 では、女の子はどんな人が働いているのだろうか。

「『JKカフェで働いている』って親に正直に言う子は少ないんじゃないかな。やっぱりJKビジネス=水商売というイメージが強いですから。よくは思わないでしょうね。

 でもね、実は時給1000円で交通費なし。近くに住んでいるなら、ほかのバイトよりも好条件なのかもしれないけど、遠い子だと交通費で飛んでいってしまうんです。ただ、うちは日払いが可能なので、『今すぐにお金がほしい』という子がくる」

コメント

2:匿名2016年5月26日 21:18 | 返信

家庭的な愛情に満たされない娘が多いみたいだね
かといって自ら満たされたいと自覚して無い感じ、潜在的な部分で感じてるんだろうね
優しい言葉で騙す悪い男に引っ掛からなきゃいいけどねぇ

まぁ大体悪い方悪い方へと進んでアルコールと医薬品に頼る人生へ転落するのが人類の文明開花以来の不変的な流れだから仕方がない

この世にはには神や救世主何て者は居ないのだから

1:匿名2016年5月26日 15:21 | 返信

やっぱり家庭環境に不満を持つ子がいますね。
この子達の言う「別に良いんじゃない?」は店員(働いてる自分達の)の立場から言ってるんであって、こういう店に来る客は"別に良い"で済まない場合がある。
そこまで頭が回らない、まだ未発達な脳だからこそ、こういうお仕事は危険なのでは?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。