>  >  > 垂れ落ちる顔面腫瘍! すべての不幸を背負う少年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

いじめ

,

インド

,

北原大悟

,

奇形

,

腫瘍

,

貧困

※衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1605_syuyou_01.jpg
画像は、「NAIJ.COM」より

 癌には遺伝によって発症する「先天性」のもの、また年を重ねることにより発症する「後天性」のものがあることはよく知られている。しかしどちらにせよ、生まれた時すでに癌が発症しているというケースはあまりないようだ。ところが、インドのある少年は、不幸にして顔面に癌を患った状態で生まれてきてしまい、成長とともに悪化している。その悲惨な様子を捉えた映像が、3月5日に「Youtube」のチャンネル「Barcroft TV」で公開され、ナイジェリアのニュースサイト「NAIJ.COM」でも取り上げられるなど話題になっている。


■顔面の半分がまるで爛れたよう……巨大腫瘍をもつ少年

1605_syuyou_02.jpg
画像は、「YouTube」より

 動画にまず映し出されたのは、肌の黒いインド人少年の顔。名をアディティヤと言い、現在7歳だ。彼の顔は、一般的な7歳の少年とは随分異なった様相を呈している。まるで右半分が大きく膨れ上がった後にしぼんだように、分厚い皮膚が垂れ下がっているのだ。鼻の穴は右側だけが広がり、瞼が大きく膨らんでいることによって目玉も隠れてしまっている。唇も右側が大きく膨らんだうえ、下に向かって流れた皮膚に引っ張られるように歪み、口を閉じることさえ困難なのか隙間からは舌が常にのぞく。

 画面が変わり、母親らしい女性に食事をさせてもらっているシーンが映る。右目が見えないためか、痛みのためか、自分で食べることが難しいのかもしれない。アディティヤのうまく開かない口の中に、ご飯のようなものをスプーンで滑り込ませているようだ。

 次に、小さな女の子2人とボールで遊んでいる様子が映し出される。体は癌に侵されていないのだろう、両手で精一杯ボールを投げるアディティヤは元気そうだ。顔の右半分がアップで写されると、耳の手前と小鼻の横から顎にかけて手術跡らしい縫い目がはっきりと見える。鼻から顎にかけての縫い目は20センチくらいはあるだろうか。かなり長く、そして深く切ったことが感じられる。そして、膨らんだ右顔が左顔の1.5倍はあることもわかった。

 壁に貼られた写真が映し出されると、アディティヤの幼少期から現在に至るまでの癌の成長が見て取れる。幼い頃は今ほど膨らみがなく、まだそこに右の目玉を確認できるが、年を重ねるごとに顔の右半分が重力に従うように下に向かって崩れてきたようだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?