>  >  > 火星に「並木通り」が存在していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

並木

,

吉井いつき

,

火星

 5月17日、NASAが撮影した火星表面の画像に、植物が群生している森か林のような影が見つかったと、米ブログメディア「UFO Sightings Daily」が報告し、話題になっている。

 問題の画像はNASAの多目的探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが2008年4月に撮影したものだ。画像は高解像度カメラHiRISEによって撮影されたもので、現在もインターネット上で広く公開されている。

 「UFO Sightings Daily」によると、植物のようなものが見つかったのは、火星の北半球の高緯度地帯にある砂丘が広がっている領域だ。拡大画像を見ると、細長くて黒い影が横にいくつも連なった、一見すると並木を真上から見たようなものが複数見て取れる。火星の赤い地表の所々に立ち並ぶ木立は、さながら砂漠のオアシスのようでもあり、並木通りが点在しているようにも思える。

kaseinamiki.jpg
画像は、「UFO Sightings Daily」より。火星に並木とはっ! かの並木氏のはからいか!?

 インターネット上では、この影の正体について「サボテンに似ている」「巨大キノコ」「竹林か?」など、様々な議論が交わされている。

 これについて、生物学に詳しく、オカルト好きだとしてトカナに協力してくれている理学博士X氏はこう語る。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。