>  >  > 【閲覧注意】顔がグニャリと伸びきった美少女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
zubaida7.jpg
画像は、zubaida tinydancerより
 

  アフガニスタンといえばビン・ラディンを筆頭に内戦、テロといった紛争地域というイメージが根強く残っている。過去23年にも及ぶ紛争、タリバン政権のもと一般人までもが社会的に虐げられ貧困は得に深刻な問題だ。そして、男性社会の慣習が根強く残るここでは女性の貧困は特に著しい。

 2001年、アフガニスタンの遊牧民の村に住むZubaidaは、9歳の時に火事で顔と胸部の大半を損傷した。しかし貧しさゆえに満足のいく治療を受けることもできず、ただれた顔と胸部の皮膚が同化してしまい、元の面影を完全に失ってしまったのだ。


■顔と胸の皮膚がただれ同化した少女、出されたのは軟膏だけ

 Zubaidaはアフガニスタン西部ファラー州リモート村の遊牧民の家に、両親と8人の兄弟とともに暮らしていた。ファラー州は乾燥した土地でアフガニスタンの中でも比較的貧しい地域である。

 2001年8月、Zubaidaは料理のために屋内用ストーブを使っていた。火力が弱くなってきたと思った彼女は燃えたぎるストーブの中にそのまま灯油を注ぎ込んだ。火はあっという間に灯油に着火し、またたく間にZubaidaを飲み込んだ。顔、首、胸部から腕に大きな損傷を受けたZubaidaを抱え父親は地域の病院をいくつも回ったが、手の施しようがないと軟膏を与えられただけであったという。

 当然軟膏で症状が良くなることもなく、ひどい苦しみとただれた皮膚によって目と口を完全に閉じることもできなくなった。睡眠どころか食事も満足にとれない状態だったのだ。容態は悪くなる一方で、見かねた父は治療できる病院を求めてイランにまでZubaidaを連れて行った。約20日間イランの病院に入院したが、最終的に医師が父親に告げた提案は、「最期は家で迎えさせてはどうだ」というものだった。

関連キーワード

コメント

5:匿名2016年6月 4日 15:10 | 返信

エイドリアーン

4:樋野勲2016年5月28日 00:59 | 返信

内戦なんてその国の問題であり
その影響で貧困なのも国の責任
なのにその子供及び
その親の管理不足による
火傷で他国やボランティアに
泣き付く神経が解らない
その子だけ助かっても
貧困の家庭と内戦の自国に戻れば
結局は同じ事の繰り返し
いっその事、手術と同時に
養子縁組をしてあげた方が
この子の為になったかもね

3:匿名2016年5月28日 00:08 | 返信

この記事書いた人に座布団三枚あげて!

2:匿名2016年5月27日 21:59 | 返信

何年も前にテレビで見たけどこんなに綺麗になってたんだねぇ…良かった…

1:匿名2016年5月26日 23:39 | 返信

たまには良い記事も載せるんだね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?