>  >  > 南米で多発する奇形動物! その原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 南米・アルゼンチン北部で家畜の奇形が続いている。双頭のヤギ、8本足のブタ、象鼻の仔犬……。ショッキングな写真の数々とともに報告が相次いでいる。


■アルゼンチン北部で報告される先天異常の動物

 アルゼンチン北部のパンパ・デ・ロス・グアナコスで養豚業を営むアデレモ・バラデス・バスケッツさんは薄紙のような皮膚の赤ちゃんブタに衝撃を受けたという。あまりにも脆弱なその皮膚は半ば透き通っていて、血管や筋肉、骨格まで丸見えの状態で、残念ながら出産からまもなくして息をひきとったということだ。

argentinaanimals1.JPG
“透明なブタ” 「Daily Mail」の記事より

 この“透明なブタ”が生まれた場所からほんの数キロ離れた家では、2014年に象のような長い鼻の真っ黒い仔犬が生まれている。映画『ハリー・ポッター』に出てくる妖精キャラクターに似ていることから“ドビー”というニックネームで呼ばれ、ネットに投稿された写真はたちまち多くの人に共有され、地元メディアでも紹介された。

 この“ドビー”と同時に生まれた11匹のうち、この姿で生まれたのはドビーだけだったという。オーナーのエデュワードさんは当初、ドビーだけ死産なのかと思ったというが、よく見ると弱々しくも動いているのが確認できたという。そこでエデュワードさんはドビーを母親から引き離して何か飲ませようとしたが、この“象鼻”が障害になってうまく栄養を与えることができなかったということだ。友人もドビーを診てくれたというがその甲斐もなく、残念ながらその後すぐに死んでしまったようである。

argentinaanimals2.JPG
“ドビー” 「Daily Mail」の記事より

 このドビーがきっかけとなり地元でも有名になったエデュワードさんは、近隣の人々から何本かの電話を受け取ったという。何かの悪霊に憑かれているので、ドビーを焼き払うべきであると告げられたというケースでは、単なる迷信にすぎないとしてこの忠告を受け入れなかったエデュワードさんだが、確かにドビーの出現は謎を残したままだ。そんな中、地元メディアでは、この地の農家で多く使われている除草剤による影響を指摘している。

関連キーワード

GM

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。