• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 イエス・キリストが復活し、すべての死者は蘇り、キリストにより審判される。この審判により人類は永遠の命を得るものと地獄へ送られるものに分けられた――。また、それに先立ち天使と悪魔による最終戦争も勃発し、人類のほとんどは災厄の中で息絶える……。

 古くから芸術や物語のモチーフとされ、その解釈について何世紀もの間、議論を呼び続けている“最後の審判”の日。多くの人がパッと思い浮かぶのは新約聖書「ヨハネの黙示録」において語られている世界の終焉のことだろうか。


■“最後の審判”の日は1651年だった!?

“最後の審判”の日はいつなのか――?

 これは中世の間も多くの人々の関心事だったが、最近になって歴史に埋れていたある文献が再び脚光を浴びている。最後の審判の日がいつ来るのか、そしてそれまでに起こる出来事が書かれていたこの書はかなり異色で、地図も用いられている“奇書”だ。

 本書はドイツのリューベックで1486~1488年の間に製作された書籍で、現在は米カリフォルニアにあるハンティントン・ライブラリーに収められている。

 著者は不明だが、一説によると当時は「医療占星術」という分野があり、そこで高い評価を得ていたバプティスタという医者であったという説もあるようだ。

apocalypsemapofhell2.JPG
画像は「YouTube」より

 ラテン語で書かれたこの本には、639年から1514年の間に起こる世界情勢と予言が地図を用いて記述されている。地図ではイスラム教を含む反キリスト教勢力の台頭の時期が表現され、今後のキリスト教世界の大きな脅威となることを警告しているという。そして最終的に1651年に最後の審判が下るのと記されているのである。

 これら数枚の地図を見てみると、ある地図では大きな円は地球を表し、中央の円をくさび型で仕切りアジア、アフリカ、ヨーロッパに分けて周囲は水が流れているように描かれている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年6月 2日 18:30 | 返信

円周率は永遠に続くから、ある意味地獄かもしれない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。