>  > 【沖縄強姦殺人】衝撃の“日本ディス”内部文書も流出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

KYAN岬

,

強姦

,

沖縄強姦殺人

【事件記者が綴る暗黒のアナザーストーリー「悲劇の現象学」シリーズ】

shinzato1314.jpg
画像は、「NHKニュース」より

今回の現象学【ガイジンパワーとオタク黒人】

 沖縄県で発生した元海兵隊員による強姦殺人事件の衝撃が収まらない。

 無防備な女性を問答無用で殴りつけて凌辱した上、ナイフでめった刺しにする……。沖縄県警の捜査で明らかとなった、シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)《死体遺棄容疑で逮捕》のおぞましい蛮行の数々は多くの人々の心に強い怒りと悲しみ、そして深い絶望をもたらした。事件後の報道でケネフ容疑者の素性が明らかになるにつれ、その鬼畜ぶりはさらに際立っていく。


■ナンパ箱に通い詰めていたシンザト

ケネフ容疑者は米海兵隊での兵役を終えた後、沖縄に舞い戻って地元在住の妻をめとっている。事件を起こす直前には子どもも産まれており、リフォームした妻の実家で妻子と同居するなどマスオさん状態だった。沖縄でポピュラーな『シンザト』という姓を名乗っていたのも、地元出身の妻の戸籍に入っていたからだと思われる」(沖縄在住のジャーナリスト)

 関係者によると、ケネフ容疑者は米軍・嘉手納基地内にあるインターネット関連の会社に勤務していた。自身のフェイスブックには、県内の居酒屋で穏やかな笑顔を浮かべる画像を公開するなど、一見、地元のコミュニティーになじんでいる様子をみせていた。

 しかし、それは見せかけだった可能性が高い。

 日常の仮面を剥がし、凶暴な素顔を白日の下にさらすには、その足跡をたどっていく必要がある。

 ヒントになるのが、前出のフェイスブックの書き込みだ。

ケネフ容疑者は、お気に入りスポットとして那覇市内のクラブを登録していた。実は、ここは米軍関係者が大勢集まるクラブで、いわゆる『ナンパ箱』。『アメジョ』と呼ばれる外人目当ての若い女性と米軍関係者との出会いの場にもなっていた」(同)

 ケネフ容疑者が出入りしていたとみられる米軍関係者ご用達のクラブは、嘉手納基地前にある沖縄市の「コザゲート通り」など県内各地に点在している。そうしたナイトスポットで血気盛んな米兵たちが、夜ごと女漁りに勤しむのだ。

 夜のネオン街に、誘蛾灯に導かれるかのように集まる男たち。その群れの中に、ありし日のケネフ容疑者の姿もあったものとみられる。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年6月 1日 11:47 | 返信

ナンパ待ちのアホ女など何人死んでも問題ない。が、今回の被害者は何の落ち度もない一般市民。混同されるような情報を出して被害者の名誉を傷つけるような真似だけはやめたまえ。埼玉県川口市ストーカー殺人事件で同様のマスコミ被害があった挙句、被害者が殺されている。いつになったらメディアは学習するのかね?疑問符1000個じゃ足りないわ。

3:匿名2016年5月31日 22:25 | 返信

この記事の、粉みかん的なレベルに

2:匿名2016年5月31日 19:30 | 返信

ありし日って…
シンザト容疑者しんだの?

1:匿名2016年5月31日 16:34 | 返信

ナンパ待ちのアーパーならまだいいが
何の落ち度もないただ歩いてた女性を手に掛けたって重大な事件だろ
外人って何で神だなんだ言ってるのに欲求のまま他者を平気で傷付け尊厳を踏み躙るんだ?
しばらく日本は鎖国すべきだ
入れるのは特亜以外、犯罪歴無し、一定の教育を受け収入もある普通の社会適合者だけにすべき
俺等は丸腰を強要されていつも蹂躙されるだけで何も守れ無いのだぞ

この事件もだがペルー人の事件忘れた?
毎日の様に報じられる外国人犯罪とか見てない?
もう阻止限界点にきているぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。