>  >  > 2500年前の若い男「アーチー」の骸骨をゲノム解析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 1994年に北アフリカのチュニジアの首都チュニス(古代都市カルタゴ)、ビュルサの丘の遺跡で発掘されて同国立博物館で長年保管、展示されていた男性の骸骨、通称“ビュルサの若い男”、またの名を“アーチー”――。


■“アーチー”のルーツは地中海北部の沿岸

phoenicianhaplogroup1.JPG
“アーチー”の骸骨 「Design&Trend」の記事より

 2500年前(紀元前6世紀頃)にフェニキア人として生きたと推定される身長170cm、推定年齢19歳~24歳のこの男性“アーチー”の遺骨は、最近になりさらなる調査のためにフランスに移送され、当時のものとしては史上初となる完璧なゲノム解析が行われたと5月26日の「DailyMail」が報じている。

 家系調査の結果、母系の血統のルーツを地中海北部の沿岸に辿ることに成功。これはヨーロッパでも稀な遺伝子が北アフリカで確認できた珍しい証拠であるという。そして専門家らは、今回の発見が既知の人類大移動の定説を覆す可能性があると注目しているようだ。


■フェニキア人とは何者か?

 当時カルタゴはレバノンからの入植者によるフェニキアの港として確立されていた。この入植者とは、現在の南シリア付近を拠点とし、紀元前15世紀頃より都市国家を形成し、紀元前12世紀には地中海方面に進出して海上交易で活躍していた古代フェニキア人だ。

 古代フェニキア人は、アルファベットを最初に生み出し、中東における初期文明を担った民族だ。彼等は地中海全域と、取引エリアであったイベリア半島方面にも勢力を拡大して影響を与えていた。だが、彼らに関する記述は非常に少なく、ギリシャとエジプトの学者によって記述されていたパピルスが少量あるのみだという。ではフェニキア人“アーチー”の祖先はどこに繋がるのだろうか。

人気連載

【実話怪談】時計が止まったとき ― “祓えんほど強か念”が円満夫婦を恐怖に陥れる!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

【廃墟】祠やお稲荷さまの「墓場」を青森県で発見! 取材中に謎の男と遭遇し、トンでもなく不吉な事態に…!

撮影=酒井透  青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神...

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年6月15日 13:17 | 返信

鼻高ぇ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。