>  >  > 閉鎖された炭坑をさまよう石炭拾いの女幽霊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 英紙「Express」(6月5日付)は、スコットランドの炭坑跡で、女性の幽霊がゴーストハンターにより激写されたと伝えている。


■炭鉱内で透明な女性の姿が!

 怪しい人影が目撃されたのは、スコットランドのミッドロージアンにある「レディ・ヴィクトリア炭坑」だ。ここは、もともと鉱山だったが閉鎖され、現在は「国立鉱山博物館」として保存、一般公開されている。

「普段、あんまり写真は公開しないんです。心の狭い連中にバカにされたり、ネットで中傷されるのがオチですからね」そう話すのは、イギリス全土をパラノーマル・アクティビティを求めて駆け巡る、心霊研究家のジミー・デヴリン氏(44歳)だ。しかし、今回だけは特別だという。「とにかく、みんなに見てもらいたい」と。

 その日、デヴリン氏はパラノーマル調査のため、仲間数人と国立鉱山博物館へやってきた。調査を始めるにあたり、まず建屋を横切る渡り廊下の上に立った。そこからなら炭坑内へと続く古い坑道が見渡せたからだ。なにげなくシャッターを切っていたデヴリン氏だったが、画像を確認して驚愕!

「透明な女性の姿が写ってたんです。昔風のロングスカートにブラウス。それに髪をひっつめているか、スカーフでまとめてる感じで」(ジミー・デヴリン氏)

ghostincoalmine1.JPG
Express」の記事より

 彼はその姿を見るや、瞬時にある一枚の写真が思い浮かんだという。それは、同館サイトに掲載されていた“石炭の選別作業に従事する女性たち”の復元模型のことだった。偶然カメラがとらえた幽霊らしきもの、それは、おそらく当時亡くなった石炭の選り分けスタッフだったのではと話す。

「ほんとにそっくりでした。博物館には仕事で何度も訪れていますが、こんなシャッターチャンスは初めてです」と、興奮気味に語るデヴリン氏。ハロウィーンの頃に調査を再開する予定だという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。