• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

カップル

,

クマ

,

ペット

,

ロシア

,

清水ミロ

 クマというと、その巨体で人を襲う動物だと日本では認識されることが多いだろう。事実、今年に入ってから東北地方では、すでに4人がクマに襲われて亡くなっている。

 しかし、ご近所ロシアでは人とクマとの距離が近く、どうやらクマに対する人々の気持ちも日本とは大きく異なるようだ。クマへの愛情をこれでもかと見せてくれるロシア在住カップルについて、先月29日付の「Daily Mail」が報じている。


■こんな息子、見たことない!? 世にも不思議な家族愛!!

liveswithabear1.JPG
オヤツたっぷりのティータイムで家族団らん 画像は「Daily Mail」より

 ロシアの首都モスクワに住むユーリさん、スヴェトラーナさん夫妻は一見、我々と何ら変わりないのだが、夫妻には23年間、共に暮らしてきた愛息がいる。年齢23歳、体長2m超えで体重136kgのステパンという大きなヒグマなのだ。ヒグマはクマの中でも体が大きく500kgを超える個体も珍しくない。その強靭な体がゆえ、万が一にも襲われたら……。

 しかしユーリさんとスヴェトラーナさん夫妻と暮らすステパンからはその恐怖は感じられない。それについて夫妻は、生後3カ月で母を失いハンターに保護されたステパンを引き取り、現在まで実に23年を共に過ごしたことで人に慣れたのでは、と考えているようだ。

 野生の動物として暮らした記憶がほぼなく、夫妻の愛情に包まれて育ったステパンが夫妻を両親と認識することは不思議ではないのかもしれない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。