>  >  > 能年玲奈の移籍金は数億円!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

能年玲奈

,

芸能界

0617nounen_01.jpg
※イメージ画像:『能年玲奈1stフォトブック「ぐりぐりぐるみ」』

 所属事務所からの独立を画策したことで窮地に追いやられていると報じられた能年玲奈。彼女の今後の動向に注目が集まるところだが、ファンからすればなんとか復帰してもらいたいというのが実情だろう。

 だが、過去にも所属事務所から独立を図ったことで、一時的に芸能活動を休止状態、いわゆる干された状態に追い込まれた芸能人たちもいる。能年の今後はあまり見通しがよくないだろう。芸能界において芸能人の円満な独立はあるのだろうか。大手芸能事務所などの芸能関係者に話を聞いた。

「円満な独立はありますが、そのためには移籍金が必要です。スポーツ選手は、契約期間中に他チームに移籍する場合に移籍金がかかりますが、これと同様です。ただ、スポーツ選手の場合、契約満了時には移籍金がかからないのに対して、芸能界では契約が終わって法的義務がなくなったにもかかわらず移籍金がかかるケースが多いんです。このような風習が世間から見ればおかしいと判断され、芸能人の親御さんやその周囲の関係者が憤慨し、独立を強行するようなケースも多いんです」(大手芸能プロ社員)

 たしかにおかしな風習といえるが、このような独立は本人以上に周りが画策するものなのか。

「やはり圧倒的に多いのは周囲の人間ですね。芸能人の場合、売り上げの取り分は事務所と本人で5対5や4対6などの比率になります。この事務所の取り分には新人時代の宣伝費用、メイクやヘアメイク、マネージャーなどの人件費も含まれているので、決して高額とはいえません。ですが、タレントの親からすれば搾取されていると感じてしまい、独立を促すケースが多いんです。でも事務所も売れるまでのコストには相当なものなので、そのくらいはもらいたいというのが本音です」(同)

 コストを回収できていない以上、独立は認めたくないというのが事務所の考えのようだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。