>  >  > 抗うつ剤の副作用で全身の肉が腐る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 私たちは、ちょっとした風邪や頭痛ですぐに薬を飲む。しかし、それらの薬が命を脅かす重大な副作用を引き起こすこともあるらしい。ムフォ・ボディアさん(36歳)は、薬の副作用で顔や身体中の皮膚が剥げ落ちてしまったというのだ。


■悲劇のはじまり

 ボディアさんは親しい友人が突然死去した後、精神的に落ち込み、医者から抗うつ剤を処方された。しかし薬を飲みはじめて数週間後、彼女の顔と身体に酷いじんましんができた。医者は水疱瘡と診断したが、発疹は見る見るうちに悪化。身体中を覆い尽くし、彼女は集中治療室へと運び込まれた。そこで下された診断が、「スティーブンス・ジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)」だった。

allergicreaction1.JPG
発症前のボディアさん(左)と病院でのボディアさん(右)「Daily Mail」の記事より

■スティーブンス・ジョンソン症候群とは?

 スティーブンス・ジョンソン症候群の発生頻度は人口100万人当たり年間1~6人、死亡率は3~10%と報告されている。この病気は何らかの薬を飲んだ後に発熱、咽頭痛が起きるもので、初期症状は風邪に似ている。その後、全身に湿疹ができ、全身がやけどのようになる。また、皮膚や粘膜だけではなく目にも症状が現れ、重症になると失明や死亡することもある。

allergicreaction2.JPG
Daily Mail」の記事より

 その多くは医薬品が原因と考えられているが、一部のウイルスやマイコプラズマ感染にともない発症することもあり、未だに解明されていない。原因と考えられる医薬品は、抗生物質、解熱消炎鎮痛薬、抗てんかん薬、痛風治療薬、サルファ剤、消化性潰瘍薬、催眠鎮静薬・抗不安薬、精神神経用薬、緑内障治療薬、筋弛緩薬、高血圧治療薬など広範囲にわたり、1100種類以上あるといわれる。

allergicreaction3.JPG
ボディアさんと2人の双子たち 「Daily Mail」の記事より

 ボディアさんは、入院した病院の隔離病棟で抗生物質の点滴を受け、生死の境を数週間さまよった。一時期、彼女はかなり危険な状態となり集中治療室に移され、医者は家族に死を覚悟するようにと宣告したほどであった。その時、ボディアさんのベッドの周りには9歳になる2人の双子を含む家族と、カトリックの司祭が集まり祈りを捧げた。後に彼女は、ぼんやりだが自分の母がすすり泣いていたことを憶えていると語っている。さらに自分の人生が、映像のように目の前に現れたという。しかし朦朧とした意識のなかで、彼女は自分が死ぬかもしれないと悟り、闘うことを決意して神に祈った。そして驚くべき事に、その後の彼女は劇的な回復を見せた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?