>  > 吉田羊の会見がサイテーだった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ジャニーズ

,

吉田羊

,

記者会見

0617youshidayou_main.jpg
※イメージ画像:『GLOW特別編集 大人のおしゃれヘア 2015秋冬』

「ここまで厳戒態勢を敷くのも、いかがなものだろうか…」

 こう芸能記者がボヤくのは、女優・吉田羊に対してだ。

 15日、女優の黒木瞳が初めてメガホンをとった映画『嫌な女』の完成披露イベントに、木村佳乃とW主演を務めた吉田が登壇した。吉田といえば、4月11日発売の「週刊ポスト」(小学館)で、Hey!Say!JUMP・中島裕翔と“20歳差恋愛”が報道されて以来、今やマスコミの格好の標的だ。

 だが、5月10日の「第24 回橋田賞」授賞式では報道陣から投げかけられた質問に無言を貫き、同22日に出席した「ビューティーミューズ大賞2016」では媒体を選んだ上、イベント中の写真撮影NGという通常ではあり得ない規制を設ける始末。そのイベントでは「あなたが笑顔であれば、きっと……」と意味深なコメントをし、涙を流して、報道陣を混乱させたのは記憶に新しい。

 そのような中で行われた『悪い女』の完成披露イベントだったが、「週刊ポスト」をはじめ、週刊誌の出入りは禁止。またステージまでの動線には囲いを作る念の入れようだった。それに加え、舞台あいさつ後にの報道陣からの声掛けをシャットアウトさせるかのごとく、大音量のBGMを流すなど、徹底的なガードぶりを見せた。

「主催者が、ここまで彼女を守るのは、所属事務所からの要請ありきなのは当然です。彼女のお相手は、ジャニーズ。しかも、あの『女帝』と呼ばれるメリー喜多川副社長の寵愛を受けている中島裕翔ですからね。メリー女史は、SMAP騒動で下手を打ったため、吉田と中島の恋愛には表立って動かずに、水面下でふたりの関係を終わらせようと働きかけたといわれています。そのため、吉田は仕事を干されずに済みましたが、逆に釈明する機会すらも奪われてしまった。しばらくの間は、過剰とも思える取材妨害が続くのではないでしょうか?」(芸能ライター)

 現状では、吉田が記者の恋愛関係の質問に答えるとは、考えにくい。今後も彼女は、答えたくとも答えられないジレンマを抱え続けるのだろう。このような状況が続けば、ファン離れが加速し、彼女を敬遠する制作サイドやスポンサーが増える可能性も捨てきれない。

 遅咲きの新星は、たった一度の過ちで堕ちてしまうのだろうか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。