>  > 7歳男児がトイレに女児を連れ込みオーラルセックス強要!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 セックスに対するタブー感が、一昔前と今とでは大分変わってきている。そこには、ネット含めたさまざまなメディア上にあふれるセックス情報によって、セックスの知識に接し始める年齢が確実に下がってきていることも原因のひとつかもしれない。これは、オーストラリアでの出来事ではあるが、7歳の男児が学校のトイレに女児を連れ込み、フェラチオを強要したというショッキングなニュースである。

simulatedoralsex1.JPG
Daily Mail」の記事より


■小学1年生の男児が複数の女児をトイレで性的暴行

 5月27日に掲載されたイギリス「Daily Mail」紙のレポートによると、オーストラリアのヴィクトリア州の小学校で、小学1年生の男児が複数の女児をトイレに引っ張り込み、性的暴行に及んだとのこと。これは、事件のあった小学校に2人の子どもを通わせている母親がABCラジオ局で明らかにしたことである。

 ケイトと名乗るこの母親の話によれば、事件を目撃した自分の子どもが非常にショックを受けているということと、さらに、学校側がこの事件を隠ぺいしようとしているとのことである。

 事件は、1年生の3学期に起こった。複数の女児をトイレに連れ込んだ男児は、むりやり女児たちの服を引きはがし、キスを強要するだけでなく、女児の秘部にキスをしたとのことである。

 さらに、女児を跪かせ口を開けさせ、自分の性器を挿入したという。被害者の親たちは、プライバシー保護の為に事件を公表しないで欲しいと願い、学校側も悪い噂を恐れて、この事件は公にならなかったが、事件を知っていた子どもたちの数は学校側が把握していた人数よりも多く、その子どもたちを通じて事件が明らかになったということである。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年6月22日 14:16 | 返信

オナニーする園児だっているしセックスしたい小学生がいてもおかしくないと思うけどな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。