>  >  > 【閲覧注意】英国最大の脳バンクに迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

北原大悟

,

,

脳科学

,

解剖

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1606_noubank_01.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 脳は意識や神経活動の中枢であり、言わずもがな生きていく上で絶対に欠かせない器官である。人間の脳は大きく分けて大脳、小脳、間脳、脳幹から成り立ち、平均1,400グラムほどしかないが、私たちの生命活動を支えてくれている。

 近年、脳の研究が進み、パーキンソン病などの神経疾患やアルツハイマー病などの進行性神経疾患も遺伝することがわかり、原因となる遺伝子の研究が行われている。そういった脳の病気を研究するために欠かせないのが“脳バンク”だ。今月15日、英紙「Daily Mail」に英国最大の脳バンクに迫ったニュース記事が掲載された。


■イギリス最大の脳バンク

1606_noubank_02.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 紹介された脳バンクは公立研究大学の“インペリアル・カレッジ・ロンドン”にあり、パーキンソン病協会と多発性硬化症協会の出資によって設立された。その目的はもちろん脳疾患の研究のため。約1,650の脳の標本がある脳バンクだが、これはすべて生前に脳を提供するとサインした人達のものだ。

 脳バンクに送られてくる脳は、ドナーの死から48時間以内の新鮮なものだけ。そうでなければ意味がないのだとインペリアル・カレッジ・ロンドンの理学教授スティーブ・ジェントルマンは言う。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?