• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

酔っぱらってうっかり1000ドル(約10万4000円)もチップを置いて行ってしまった客が翌日に返金を求めるハメになったようだ。この男性はコロラド州のレストランで6000円ほどのディナーを楽しんだ後、酔っぱらっていたことであやまって1000ドルものチップを置いて行ってしまったという。

その客の担当ウェイターはその大金のチップに大喜びして上司に知らせ、上司が一晩金庫で保管することにしたところ、翌日になって酔いの冷めたその男性が来店し、申し訳なさそうに返金を求めてきたそうだ。同店のスタッフは「その男性は『すいません、酔っぱらっていたんです』と言っていました。まさか有り金すべてを置いて行ってたとは自分でも気づいていなかったようです」と話した。

その男性は1000ドルの代わりに28ドル(約2900円)のチップを残していったそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。