• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

tokage0622.jpg
sciencemagより

 ネトゲの嫁が男だった……。ネットで出会った可愛らしい女の子が実は男だったというのは稀によくある悲劇であるが、元男性の女性が生まれつきの女性より魅力的に映るというのは、どうも人間だけではないようだ。今月7日付の「Science」のニュースによると、オーストラリアには遺伝的にはオスだがメスとして生まれた性転換メスは通常のメスより沢山の卵を産み、通常のメスを駆逐する可能性があるトカゲがいるという。

■性転換メスの驚異的なパワーとは!?

hutoagohige.jpg
Wikipediaより

 問題のトカゲはフトアゴヒゲトカゲという、オーストラリアの東部から南東部の乾燥地帯に生息する固有種だ。爬虫類の性別決定機構は遺伝的なものと温度依存的なものが知られている。フトアゴヒゲトカゲの性別は孵化した時の温度が22〜32度では持っている性染色体の組み合わせにより遺伝的に決まり、それ以上の温度では温度依存的に決まる。高温下ではほぼ100%がメスとして孵化するため、本来はオスとなる性染色体を持ったメスが生まれる。

 先月13日に学術誌「Proceedings of the Royal Society B Biological Sciences」に掲載された論文によると、本来はオスだったはずの性転換メスはメスよりもオスに近い身体的特徴を持ち、性格的にも大胆かつ冒険的でオスよりもオスらしい性格をしているのだという。実験の結果、この性転換メスは通常のメスよりも多くの卵を産んだそうだ。

 オスよりオス的なのに、性転換メスはオスにモテるということだろうか? 生物学に詳しい理学博士X氏に尋ねてみた。

「性転換メスがオスにとって魅力的なのかは分かりませんが、性転換メスの方が通常のメスよりも環境に適応しており、子孫を残しやすい性質を持っているということではあると思います」

 X氏によると、大きな体や活発な性格は厳しい環境下において有利である可能性があるという。そもそも孵化する段階で32度になるというのは、彼らにとっても異常で過酷な環境であると考えられる。そのような環境で種が生き延びるためには、当然メスが多い方が有利だ。そして、そのメスたちがより逞しい方が良いのは言うまでもない。性転換メスがオスよりオスらしいのにも意味があるのだ。 

コメント

1:匿名2016年6月23日 22:10 | 返信

稀によくある…どちらなのでしょう?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。