>  >  > 20人の政府関係者がUFO機密を公開していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 あなたは映画『シリウス』をもうご覧になっただろうか?

guria.jpg
シリウス」より

 2001年、ワシントンDCにあるナショナルプレスクラブで、UFO問題に関する政府の機密が公開された。証言台に立ったのは二十数名の政府や軍の関係者である。これまでのUFOの目撃証言とは異なり、内部の人物たちが米政府の隠し続けてきたエイリアン情報を暴露したということで、世界的にセンセーションを巻き起こした。

 この「ディスクロージャー・プロジェクト」を推進した人物こそ、民間医師にしてUFOコンタクティ団体を率いるスティーブン・グリア博士である。

gria02.jpg
スティーブン・グリア博士「YouTube」より

 なぜ、長年にわたって米政府がUFOとエイリアン文明の存在を機密にしてきたかというと、「公開すれば大衆がパニックになるから」というのは表向きの理由で、本当は地球的な社会システムによって特権を得ている人々にとって都合が悪いからという説が有力視されている。

 たとえば、エイリアン文明の持つフリーエネルギー技術や非資本主義的な経済システム、政治制度や宗教の形態などが知れ渡ると、それまでの地球の支配構造や既得権益が崩壊しかねない。だから彼らは大衆から常に真実を隠しておきたい。グリア博士自身はとりわけ世界最大の産業であるエネルギー利権が関係している点を示唆している。

 さて、それはさておき、実はグリア博士には、UFO問題における勇気ある先駆者という以外にも「別の顔」があった。なんと彼は「予知能力者」でもあったのだ。

神々の予定表 アジェンダ

神々の予定表 アジェンダ

終末期を乗り越えるために!

コメント

7:42016年6月22日 20:44 | 返信

>>6

ごめん、私も言いすぎた。

そうやって、率直に人に謝れるあなたは、成熟した人だよ。
感心しました。

6:匿名2016年6月22日 20:19 | 返信

>>4

なるほど、よく記事を読めば、グレアは自分で予知能力者などとは自称していなかったね。
その点は自分の勘違いでした。ごめんなさい。
彼の映像の信憑性についての疑問は、わら人形論法のつもりはなく、
本当にがっかりしたから書いたまでで、ビジョンを彼が見たことの否定とは関係ないので、
その点も訂正しておきます

5:匿名2016年6月22日 19:56 | 返信

ずいぶん感情的に反発しているコメントがあるが、利害関係者だろうか?
グレアの映像や画像が本物だと思うなら、その真実性を語ればいいだけのことだ

4:匿名2016年6月22日 17:42 | 返信

>>1

>未来が予知できるなら、数日後、数週間後、数ヵ月後の出来事を予知してみればいい
>数年先よりも遥かに正確に予知できるはずだから

馬鹿だろ、おまえ。
博士は未来を「見た」と言ってるんだから、問題にするなら、未来を見れるかどうかだろ。
ワラ人形論法つかって偉ぶってんな、ウンコが。

3:匿名2016年6月22日 11:24 | 返信

>>1

グリア博士は立派な人物として尊敬できるけど、匿名で上から目線で喚いてるだけのおまえはゴミでしかないというのが世間の見方だよw

2:匿名2016年6月22日 11:20 | 返信

これ題名、ヘンじゃね?

1:匿名2016年6月21日 19:53 | 返信

未来が予知できるなら、数日後、数週間後、数ヵ月後の出来事を予知してみればいい
数年先よりも遥かに正確に予知できるはずだから

グレアも当時は期待したものだが、その後はすっかり地に堕ちておかしな方向へ行ってしまった

記者は元と学会なら、グレアの宣伝している宇宙人やUFO動画をちゃんと検証するといい
こういう記事など、恥ずかしくて書けなくなるはずだ


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。