>  > もしもプーチンやトランプが都知事になったら…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 こんにちは。日本を縛る縛師・結城忠雄です。

 舛添要一都知事が辞任した。「政治資金を使って家族で温泉旅行した」とか「政治資金で『クレヨンしんちゃん』を買った」など、さまざまな悪行は話題になったが、彼が都知事としてどのような政治を行っていたかは、ほとんど知られないまま辞任してしまった。

 縛師である私のところには、政治家や某有名一部上場会社の取締役も複数名通っているのだが、夜にドSやドMに豹変する者も多い。どのような人も、本心の部分が社会にさらされるとあまりいいことにはならないように思う。舛添知事は、決して褒められたものではないが、ある意味で「SM趣味を会社にばらされた取締役」のような感じで、少々かわいそうに感じたのである。

 では、絶対にありえないが、もしもあの人が都知事になったらどのような政策が始まるのだろうか? 今、世界を動かす4人の政治家をイメージして考えてみようと思う。


■もしも、プーチンが都知事になったら

Vladimir_Putin_-_200678.jpg
プーチン「Wikipedia」より

 プーチン氏は、表向きはクリーンで潔白な政治家であるが、裏ではマフィアとの関係など様々な黒い噂が流れている。そう考えると、独特な治安維持や東京都の政策が行われるであろう。

まずは「○○組」のようなアウトローやマフィア組織と提携し、情報を収集し、犯罪を事前に抑止する。治安維持には、犯罪者に犯罪者を監視させることが最も効率的なのだ。つまり、ある程度の犯罪は許容しながら、大きな犯罪に対処することになるであろう。
・海外のスパイや反国家勢力には非常に厳しい対処をするだろう。「東京都の反国家勢力や反東京都勢力を一気に葬り去る」可能性がある。
・地下資源による経済政策が、プーチン氏の根幹である。ゆえに、東京都の小笠原諸島沖などのメタンハイドレードや、そのほかの地下資源の開発に着手するだろう。実は意外と景気も良くなるのではないだろうか。
・プーチン氏は「ソチオリンピック」を成功させている。そのことを考えれば、東京オリンピックを任せても大丈夫かもしれない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。